クオリアの風景

b0050634_1440131.jpg
“クオリアの風景”へようこそ  since 2004  ご来訪者が7/26、のべ7万人を超えました。感謝です!

このブログは以下の三つのカテゴリー(青)と二つの別館(緑)で構成されています。
また各記事へは 《全体目次》 や 《新着記事一覧》 からもアクセスして頂けます。
b0050634_2301799.jpgb0050634_20244637.jpgb0050634_20253132.jpgb0050634_2025861.jpgb0050634_20263763.jpgb0050634_0382316.jpgb0050634_2315868.jpg


b0050634_9283178.jpgb0050634_9293660.jpg"7月度の記事別アクセス数TOP3"
◆ギャラップQ12、これが答えだ!
◆ユングと唯識:種々比較すると
◆発想の自在学と自在研究所
写真(クリックで拡大可)は記事とは無関係な風景写真です。時々衣替えします。 《アーカイブ》


ただ今記事数は440個余り、その中にはこんなテーマの記事もいろいろと・・・
クリックの後はスクロールで一気読みしていただけます。
b0050634_184345100.jpgb0050634_14242466.jpgb0050634_18515464.jpg
b0050634_1915934.jpgb0050634_1941187.jpgb0050634_1961142.jpgb0050634_19103868.jpg
b0050634_17515319.jpgb0050634_17441338.jpgb0050634_1746369.jpgb0050634_17485964.jpg
b0050634_19175319.jpgb0050634_19191318.jpgb0050634_17572097.jpgb0050634_1922436.jpgb0050634_185374.jpg




Since 2004

 不思議な響きを持った言葉、“クオリア”・・・多少拡大解釈させていただくとその意味合いには、ことあるたびに脳裏をよぎり胸中で生起消滅する「心象風景」といったものも含まれるのでしょうか。

喧騒の中に生き、様々な刺激を受けては生起消滅するクオリア。人生も午後三時を越えようとするころにもなると胸中に渦巻くものもまたひとしお。

フッと心に浮かぶこうした心象風景を単なる感情表現ではなく、《組織心理学》とか《ユング》のフレーズに重ねて言葉にすることで、“心理学風エッセイ集”といった雰囲気がかもし出せれば・・・そうした思いでこのブログを設けてみました。 (2004.10.23 開始)

・・・突然出てくる言葉 “クオリア” については解説がこちらに・・・


(2011.1.1追記) 人生の午後三時などと称して始めたこのブログもとうとう七年目を迎えてしまいました。気が付けば時計は確実に進み、現在は人生の午後六時か七時といったところでしょうか。なのに思いは未だ半ば・・・このブログはこれからもさらに続くことになりそうです。

(2015.9.1追記) 月日はさらに進み、ブログは10年、アクセスも6万件を超えました。そして人生の時計も多分もう午後の九時ぐらいでしょうか・・・さてこの夜の帳の何処に光を求め、どう徘徊すればよいのやら・・・などと。
by C_MANN3 | 2017-12-31 23:53 | Comments(7)
Commented by masayu at 2005-02-24 18:36 x
最近、「クオリア」という言葉を知ったのですが、私の理解している限り、クオリアとは何らかの情報から生じた実感だと思っています。なので、クオリアには心象風景という情報は含まれず、それによって起こった感情などがクオリアではないかと思っています。間違ってたら、ごめんなさい。
Commented by c_mann3 at 2005-02-24 22:01
masayuさん、ご来訪ありがとうございます。仰るとおり、クオリアは五感の情報から生じた実感(ものの本ではよく質感と表現されていますが・・・)なのだと思います。
で、心象風景という言葉なんですが・・・これは外界の風景といった情報ではなく、そういった外界の刺激を受けて心の中に浮かぶ思いを風景に見立てて「心象風景」と称しているんですが・・・
この単語って、そういう使い方、しませんでしたでしょうか?

話は変わりますが、masayuさんのブログ、拝見しましたがおもしろそうですね。私はブログ歴まだ数ヶ月。勉強させていただきます。
Commented by masayu at 2005-02-25 20:30 x
 C_MANN3さんの場合、クオリアに「心象風景」が伴うのでしょうか。もしそうならば、一例をあげていただけると幸いです。私の場合、あまり「心象風景」などの映像が伴うことがありませんので。
 あと、C_MANN3さんのブログをざっと目を通させていただきました。私の興味と一致するところが結構あるので、いろいろコメントさせてもらいます(笑)
 私もブログ自体はじめて数ヶ月です。今後ともよろしくお願いします。
Commented by c_mann3 at 2005-02-25 21:56
う・・・・ん、難しいご質問ですね。ここの何個か下に「★クオリアから仮想へ・・・」といった記事も書いているのですが・・・この仮想に近いイメージかもしれません。
本来のクオリアは一瞬感じる質感といったイメージなんでしょうが、それが幾つか集まり、連鎖反応することで心に浮かぶうたかたが膨らみはじめ・・・風景とか、ドラマと称してもおかしくない思いが、脳裏というか、胸中いっぱいにひろがる・・・
などと思ってのですが・・・これじゃ全然具体的じゃないですよね。ちょっとお時間をいただいて・・・クオリアについてはこれからもいろいろと記事を書いていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。
Commented at 2005-10-30 19:10
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 西宮太郎 at 2005-12-12 06:28 x
はじめまして、拝見致しました。
凄い数のメッセージですね、ゆっくり読ませて頂きます。
ただ、太郎には難しい・難しいでーす(汗・汗)

当方も、写真中心のHPを開設しております、
また遊びに来てください。

チョクチョク遊びに伺います、宜しくお願い致します。
Commented by cosumotruth at 2006-04-10 23:45 x
すばらしい!凄いブログですね。でも、難しすぎてついていけません。
組織心理学、心象風景難しいないようですね。この内容に質問している人がいるなんて・・・・。できれば、もっと、簡単にしていただければ最高です!
★このブロクの構成について >>