◆無意識に導かれるWATARIDORI

意識もまた無意識の表れである・・・

延々2時間、ひたすらWATARIDORIが世界中を飛び回っているだけという不思議な映画を見てしまいました。
極北の地で短い夏の合間に生まれた雛が、やっと飛べるようになったばかりの状態で、何千キロという長い道のりの旅に出る・・・おそらくどこへ行くのかも、なぜ行くのかも自覚も意識も無いままに、何かに突き動かされるように危険な旅に出る。行き先を知っているのは鳥自身ではなく、体内の地磁気センサーという名の無意識。

b0050634_0584974.jpg
とんでもなく危険な場所で羽を休めて命を落とすことがあっても、なぜかそこに立ち寄ってしまう。途中東ヨーロッパの湖岸のヘドロ渦まく公害地帯に舞い降り、油の汚泥にまみれて飛べなくなってしまうシーンがあったりしますが、視覚も知覚も(人でいうなら意識か)あるはずの鳥が、なぜかそこを回避できずに吸い寄せられるのは、そこがもしかしたらはるか昔の世代から立ち寄っていた、かつての楽園の後なのかもしれません。

まる2時間、見ていて脳裏によぎったことのひとつは・・・“意識もまた無意識の表れである”との言葉でした。
こと鳥だけでなく、意識で恣意的に生きているつもりの人もまた、実は無意識に突き動かされて世界放浪の旅を続けている。危険であっても避けようとはしない。小ざかしく生きたとしても自然の猛威の前にはひとたまりも無い・・・考えれば考えるほど、人はこのWATARIDORIと変わらない気がしてくるのが不思議です。

鳥と霊長類を同列視して何を感傷にふけっているんだ!と、割り切ることは簡単ですが・・・

そういえばアフリカで誕生した賢いはずの霊長類人類もまた、何かに突き動かされるように厳しい自然の極北を突き抜け、ベーリング海峡を越え、南米にまで至るWATARIDORIそっくりの大移動をしたからこそ、今日の世界人類がある・・・彼らの意識が合理的に緑豊かな楽園を求めて移動したのなら、極北を目指すのは解せない。

・・・などと考え始めると止まらなくなってしまいます。(2005.2.18)
by c_mann3 | 2007-06-20 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(0)
<<   ・・・次は・・・ ◆そして・・・Oceans >>