◆三大宗教は精神医学?・・・

ユングは宗教的とか、心理学の世界はもはや精神分析の時代ではないとかいろんなことが言われていますが・・・
宗教と精神医学のかかわりについて、とんでもなく面白い本を見つけてしまいました。

岩波新書806、先月発行の旬のもの。なだいなだ著「神、この人間的なもの---宗教をめぐる精神科医の対話---」
私なんかが要約すると味は消えてしまうのですが、目に付くところを列記すると・・・
---------------------------------

・精神医学は考えてみると宗教と同じものを背負っていて、目的も手口も酷似。

・三大宗教の始祖はいずれも超一流の臨床分析医。

・宗教というとすぐ教義の真偽が取りざたされるが教義をみて入信する人なんてまずいない。

・さらにすぐ神は本当にいるのかといった議論になるが、神は始祖がその時代の臨床的状況にかんがみ便宜的に考案したもの。

・仏教のみは神を持ち出さなかったが、人の手の届かないところに唯一神を設けた理由は、当時は部族ごとに神があり、それが人を神経症にし、部族間の血みどろの戦いの源にもなっていた状況を打破するため。
結果は功を奏し部族の神々は唯一神の元で降格されるか、悪魔とされ力をうしなっていった。
b0050634_1344316.jpg
・ところがニーチェによって「神は死んだ」と宣告されてしまうと、人は合理的理性で自立して生きていくのかと思いきや、身近なイデオロギーや、科学や、新興宗教に擬似的な次の神を求め、あっという間に二千年前の部族社会の様相に戻ってしまった。

・行き詰るとすぐ「原理主義(宗教が確立した後、後継者たちによって戦うために作られた教義の世界)」に走って過激になるが、「原点主義(宗教確立以前の始祖が現在の世界に生きていてこの状況を見るとどういう臨床判断をし、どう動くかとの視点)」に帰ってほしい。
---------------------------------

なだいなださんはご承知のように精神科医で小説家(というよりエッセイスト)。実は私は30年来のファン。
とにかく読んでいておもしろく、すっきり、なるほど、全く違和感を感じない。腹を抱えて笑いながら読んでいくとぐっとシリアスになり息を呑む、やがて場面が変わりまた笑ってしまう・・・
こんなに重い話なのに笑ったり息を呑んだりを繰り返しているうちに、あっと言う間に読み終わってしまうという逸品です。

ご本人がこれが一番気になっていた遺言に近いテーマと言うだけあって、もしかしたらこれが宗教、心理に関するもろもろの諸問題のファイナルアンサー?・・・・ん?それではこのユングコーナーも必要なくなる?・・・そりゃまずい、なんてことを考えさせてくれる一冊でした。(2002記、2005.2.10掲載)



【2013.6.6 追記】 ・・なだいなださんが今日お亡くなりに

以前からご自身のブログで癌とお書きになっていて、その後投稿もまばらになり気になっていたのですが、お亡くなりになったとのこと、残念です。享年83歳。

ご冥福をお祈りしつつ、ここにも2つほど足跡を偲べるリンクを張らせて頂きます。
  ▼多分保存版となる御自身のブログ「なだいなだのサロン」、
     http://6410.saloon.jp/salon/index.html
  ▼そしてなだいなださんが立ち上げた『老人党』のサイトです。
     http://6410.saloon.jp/

なお、なだいなださんにかかわる記事はこの下にも続きが・・・

⇒⇒新着記事渡り歩き⇒⇒

by C_MANN3 | 2006-12-20 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(0)
<<   ・・・次は・・・ ◆三大宗教は精神医学?《続》・・・ >>