◆◆企業の存在意義◆◆

米国流に言うと株主利益、日本では利潤追求、これが企業の目的、存在意義ということになっていますよね。

ですが、ちょっと横道にそれて・・・

企業人は常にこれを念頭に行動し、あらゆるデシジョンはこの目的の最大達成をめざして行われる。こんな風に教えられてきたはずなのに、
・・・そうじゃない!企業人はそんなことを第一目的には行動していない、という衝撃的な本に出会ったのは30年前でした。
J.K ガルブレイスが、1967年、「新産業国家」の中で展開していたものは、米国の大企業はテクノクラートが支配しており、彼らは常に自分の支配権(独自の計画立案執行権)が持続的に最大になることを目指す。利潤低下は株主の介入を招き、自分の支配権が損なわれるため、条件として守るものであって目的ではない・・・といったことでした。
実はこの本は巨大な産軍複合体等を分析した本で言いたいことはもっと他にもあったようですが、私にとってはその後、企業の行動目的といったことに興味を持つ強烈なきっかけになりました。

で、本題に戻して・・・

いわゆる創業者といわれる人たちの創業目的って、決して利潤追求じゃないですよね。
松下、ソニー、ホンダ、それぞれではあるが、少なくとも利潤追求は第一目的ではない。
その創業目的が行動指針として、いかに社員に共有されているかが、結果としての利益率や成長に影響する、そういう感じがします。

またしても“プロジェクトX”ネタで恐縮ですが・・・
米国でマスキー法が審議され、ビッグスリーがクリーンエンジンは技術的に不可能と突っ張っていたころ・・・ホンダでは研究所の若い人たちが小さな子供のいる家庭生活を放棄し、ほとんど連日止まりこみの状態でがんばっていました。
そこで所員を集めて檄を飛ばした本田宗一郎氏。感謝、激励、いろいろ込めてのことだったのでしょうが、「がんばってくれ、これで会社は飛躍する」と・・・ところが若い人たちの反応は・・・「おやじにそんな風に言ってほしくなかった。われわれは会社のためじゃなく、子供たちに青い空を取り戻すためにやっているんだ」。この話をきっかけにプロジェクトは成功するが、宗一郎氏は研究所に近寄らなくなり、やがて引退を発表。

こんなエピソードを聞きますと、“企業の目的が利潤の追求で、それは社員にも社会にも同意されている”ということが、どこまで実態としての意味を持っているのか疑問を感じてしまいます。
長引く景気低迷の中で「利潤追求説」はリアリティがあるようにも見えますが、本当のところ、実態として追求されている目的は何なのでしょうか・・・(2005.2.16)
by C_MANN3 | 2010-10-20 00:00 | 組織心理学の心象風景 | Comments(0)
<<   ・・・次は・・・ ◆企業の存在意義:創世記神話 >>