◆ハロン湾、ミーソン聖域・・・ベトナムへの旅

[2013.3.28載] 今回はハロン湾、ホイアンのランタン祭り、フエの宮殿跡と観光スポットを巡りながら、細長いベトナムを北のハノイから南のホーチミンまでひたすら南下していくハードスケジュールの家族旅行でしたが、心配していた天候にも恵まれハロン湾は思っていた以上に雄大な景観でした。 中国の桂林の海バージョンというのもうなづけます。

b0050634_23515421.jpgですが、今回の旅でハロン湾に劣らず狙っていたスポットがミーソン遺跡。規模はアンコールワットには及びませんがこちらは遺跡ではなく「聖域」、チャンパ王国の聖なる地です。
ミーソンとは漢字で書くと「美山」。確かに背景には美しい形をした山があり、ミーソン聖域はその山のふもとの茂みの中に忽然と現れます。戦争による破壊が無ければもっと規模が大きかったはずなのですが、今後の修復が待たれます。

そしてベトナムと言えばやはり南北統一前後の経緯に興味がわきますが、ハノイの城跡には北ベトナム時代の作戦本部の会議室がそのまま保存されていて、ホーチミンさんをはじめメンバーのネームプレートや当時の作戦地図がそのまま残されています。この会議室の地下には原爆にも耐えられる会議室や通信設備が潜んでいました。

b0050634_2353446.jpgベトナム戦争については実はひとつ勘違いをしていました。ゲリラ戦というので、ゲリラ戦ということは本部の統制などはなく、第一線のアドリブの踏ん張りといったイメージを持っていたのですが実は作戦本部の綿密な作戦と情報ネットワークがあった上でのゲリラだったようです。歴史を含めてまだまだ何かと勉強が足りないことを実感した今回の旅でした。


      ⇒⇒新着記事渡り歩き⇒⇒
by c_mann3 | 2016-07-20 00:00 |  ・・・風にまかせて・・・ | Comments(0)
<<    ・・・“風にまかせて”は... ◆アドリア海沿岸諸国への旅・・・ >>