◆◆質的研究法・・・◆◆

「質的研究法」・・・心理学とか、民俗学等のフィールドワークの領域で質的研究法と称されるアプローチが注目されているようです。
不思議な響きを持った言葉なのですが・・・「量的」に対する「質的」、「定量的分析」に対して「定性的分析」ということなんでしょうか。
通常は、まず定性的な分析の段階があり、やがて定量的、数理的な分析が可能となって精緻なものとなっていくはずのものなのですが・・・あえて「質的研究法」と旗印をあげるということは、定量的分析への単なる通過点といった姿勢以上に、もっと強い、安易な定量的、数理的アプローチへのアンチテーゼといったニュアンスを感じます。

コンピュータの発達と相まって統計的な手法とかシミュレーションとかが容易に利用できる現在、何かにアプローチしようとするとき、大量のサンプルから主観を排すると称して機械的にデータを収集し、処理はコンピュータにまかせて「データをもって語らしめる」ことで一件落着といったことが多いような印象はあります。

ですが・・・例えば心理学的に分析したい課題を前にして、何をしたい、どうもっていきたいという戦略は「質的」なものです。それを前提に高速処理するものが「量的数理処理」であるはずです。
誤解を恐れずに言うとアルゴリズムの決まった「量的数理処理」に乗っかった瞬間、乗せたその人の心理学的見識や知性は休憩に入ります。でひたすら間違いのない処理を機械的に進め、計算結果が出たところで再び“その答えを受け入れるか?違和感はないか?条件を変えた再計算は、処理自体の変更は不要か?”といった、すぐれて心理学的感性の要求される本来の仕事に戻るはずのもの。この行為をなおざりにしてジョブは完了しないはず・・・そしてこの部分を鍛えるのが質的研究法・・・そう考えると質的研究法の存在意義が安易な数理処理への警鐘として浮かび上がってくる・・・とまでいうと考えすぎ、言い過ぎってことになるんでしょうか。

よく似た話に「意思決定」とか「課題解決」の世界で数理的アプローチに対して議論される「ヒューリスティクス」というのがありますよね。これは人としての知力、感性が強く必要とされるアプローチであり、量的研究法が身動き取れない場面でもそれなりに効果を発揮するにもかかわらず、もともと感性的なものを前提にしていることもあって説明しにくい、教えにくい、アカデミックな扱いをしてもらえない、でも大事。・・・なんとなく質的研究法によく似ている感じがします。(2005.3.21)
by c_mann3 | 2011-10-20 00:00 | クオリアとか進化論など | Comments(0)
<<    ・・・次は・・・ ◆質的研究法・・・いろんなサイトが >>