◆ イスラム国の野望・・・

◆イスラム国の野望 H28/10読

高橋和夫著、幻冬舎、2015年の刊。著者は中東で何か事が起こると決まってコメンテイターとしてテレビに現れる放送大学の教授。その教授による「イスラム国の野望」と題した講演会を拝聴したことをきっかけに、同じタイトルのこの本にも目を通すことに・・・

この本では残虐極まりない人質の殺戮で恐怖心をあおる一方で、巧妙なネットメディアによるプロパガンダで広範囲な諸国から妄信的な若者を引き寄せ、ついにはシリア、イラクの両国にまたがる領域を支配するに至っているイスラム国(IS)が、実に分かりやすく解説されていきます。

その母体は米軍が引き上げ一挙に不安定化したイラクで排除されたスンニ派で、かつてフセインを支えたバース党の官僚や軍人の面々。従って単なる過激派集団ではなく緻密な官僚機構を持ち、軍隊は最新兵器を扱う連度も高い。あちらこちらの富豪からの寄付、石油資源、身代金、支配地域からの徴税と資金源も豊富なのが特徴。
それを率いるバグダディはカリフの象徴である黒いターバンをまとい、7世紀のムハンマドの世界を理想として、なりふり構わぬ戦闘とイメージ戦略ですべてのイスラム世界の支配を目指して国家を宣言するに至っている・・・

それを殲滅すべく周辺国やEU、ロシア、米国は躍起になってはいるがそれぞれに思惑や事情があり、その真剣さには温度差がある。
例えばアラブの春の流れを自国民に銃を向けることで止めてしまった独裁政権のシリアは、取って代られると世界がほっとして認めそうな国内の穏健勢力を潰すことに忙しく、自国を1/3も支配されているのにイスラム国つぶしには熱心ではない。むしろまず自国の穏健勢力を殲滅することで“アサド政権が崩壊するとシリアはイスラム国になってしまいますよ”と各国を脅迫できる構図を望んでいるかのようでさえあると。

ところがイスラム国をたたく手前に立ちはだかるシリア独裁政権への思惑もまた国により異なり、たぶんもうしばらくはイスラム国は壊滅しそうにない。そんな中で、イスラム国の支配地域と直接対峙するクルド人勢力が奮戦しており、高橋教授はクルド人の動きに注目したいと・・・

クルド人はシリア、イラク、トルコ、イランに分断されて暮らし、国家を持てない民族としては最大の人口を有する人たち。
実は私もこのイスラム国が殲滅した跡地には、奮戦の成果として念願のクルド人国家ができるなんてことは無いものだろうか(それが無理ならたとえ国境を挟んだ自治領連合国であってもと・・・)、もとはと言えばサイクス・ピコ協定で分断された民族なのだから、百年の苦難を強いた今、仏・英・ロは罪滅ぼしとしてクルド人国家の樹立に協力してもいいんじゃないか・・・などと夢想しているのですが・・・

ともあれ、日頃断片的に流れるニュースだけでは良く理解できない中東、そしてイスラム国の実情が多少なりとも理解できたような気がする有難い講演と一冊の本でした。
by C_MANN3 | 2016-02-22 00:00 |  ・・・風にまかせて・・・ | Comments(0)
<< ◇中東から世界が崩れる・・・ ◆叡智の源、地中海世界ふたたび・・・ >>