◆映画:海賊とよばれた男・・・

【2017.1.2記】 映画「海賊とよばれた男」、正月に帰省してくる孫たちの予定の合間をぬって観に出かけたのですが、期待にたがわず感動的な一遍でした。

戦後の激動期、世界中の石油がメジャーに席巻されるのが当たり前であった時代にあって、ただ一社民族系の道を貫いた出光興産の物語。メジャーの圧力で全ての仕入れ先を絶たれて倒産寸前の中、起死回生の一発として英国メジャーに反旗を翻したイランから調達しようとして自前のタンカーを差し向ける。だが航路では英国海軍の封鎖網が立ちはだかっている・・・

正に全編緊迫感に包まれる感動の連続なのですが、その企業の経営姿勢は経済的合理性とも、保身とも、業界のなれ合い協調路線ともかけ離れて“情熱と情念に突き動かされて信念にのみ従う”世界。
そういえば戦後の復興期には出光によらず、色々な業界でこうした企業理念に突き動かされるかのように邁進する企業があったはず、そしてだからこそ今の日本が築かれたはずなのですが・・・グローバルスタンダードが席巻し合理性が勝ちすぎているかの現代、目の前のスクリーンからほとばしり出ている情念や信念の世界は一体どこに消えてしまったのか・・・などと、正月早々いろんなことを思わせてくれる暫しのひと時でした。それにしても岡田准一はよく似合う。

ところで今まさにこの会社では合併話で経営陣と創業家の間で確執とのニュースが流れています。願わくばどのような形であれ、この創業の人たちのDNAだけは残っていくことを願うばかりです。

なおこの映画の公式サイトはこちらに・・・http://kaizoku-movie.jp/

⇒⇒新着記事渡り歩き⇒⇒

by C_MANN3 | 2015-08-22 00:00 |  ・・・風にまかせて・・・ | Comments(0)
<<    ・・・“風にまかせて”は... ◆映画「杉原千畝」そして「海難... >>