◆◆組織と情報:伝言ネットワーク◆◆

トップの思いがピラミッドの全体に広がっていく。第一線の情報がピラミッドを駆け上っていく・・・
企業組織は一面において巨大な伝言ゲームのネットワークとも言えます。

ITが発達し同質の情報が一斉配信されることが多くなった現代においても、かなりの情報が階層間の一人一人の伝言ゲームを介して伝わってくことに変わりはありません。
で、伝言ゲームのセルの一つ一つのところで変質と減衰が繰り返されながら伝わっていく。

正確には伝わらない伝言ゲーム。ですが、その原因である変質と減衰が排除されるべき弊害かというとそう単純でもない。
底辺の広いピラミッド組織を想定すると第一線の詳細な生情報がそのまま変質も減衰もせずにピラミッドを登っていくとだんだん幅のせまくなる上位の階層では耐え切れない情報の洪水となる。変質は困るにしても編集は必要。減衰は困るにしてもトリミングと集約は必要。
抽象的なトップの訓示は正確に伝達すれば効果が発揮されるといったものでもない。着信先の個々の事情に応じて表現を変える再編集があってこそ聴いてすぐ活用できるものになることも少なくない。

さらにもうひとつ、伝言ゲームに入る手前の情報の発信源における“情報の生成の質”といったことにも配慮は必要てす。市場の変化や、目の前で起こっている事象にしても、それに何かを感じて形のある情報の塊として生成し、伝言ゲームのルートに乗せなければ話は始まりません。

また複数の発信源から類似の情報が同時並行的に伝言ゲームを開始し組織内に漂っているといった風景も見受けられ、この場合は伝言過程での情報の淘汰、収斂がポイントとなるのかもしれません。

ということで、情報の生成、伝達過程での変質と減衰、いろんな情報が行きかう中での収斂といったことについて思いつくままに書き始めてみたいと思います。(2005.6.5)
by c_mann3 | 2008-12-20 00:00 | 組織心理学の心象風景 | Comments(0)
<<   ・・・次は・・・ ◆組織と情報:バーチャル「三現主義」 >>