◆情報スキル:情報システムの夢と現実

情報システムへの数々の夢・・・かなえられたものもあれば現実はそうはならなかったものも・・・

まず、OA化が進展するとペーパーレスの時代が来るといわれつつ・・・結果はそうはなりませんでした。これは、紙に印刷しマーカーペンを握らないと脳の思考回路にスイッチが入らない“人”の習性のなせる業だったのかもしれません。

またイントラネットなんかで公式、非公式に流れるおびただしい情報、とんでもなく蓄積されてしまっているデータベース、しかも確度や新鮮度は玉石混合、オリジナルなのか加工品なのかもはっきりしない・・・こうした情報ジャングルから何をどうトリミングして取り込むのか・・・これが大問題となってきました。

こんな時代か来る手前では楽観的でした。とにかく情報は蓄積さえすれば、共有できる。蓄積したものは検索ソフトで取り出せる。リアルタイムの共有はメーリングリストで・・・

ところがどっこい、いざ始まってみると情報システムの発達は爆発的でした。データベースはあっという間に途方もないごみの山、検索ソフトを自然言語検索とか、検索ロボットとかに格上げしたくらいでは追っつかない。

★情報検索はまるで迷路
あっちこっちのYAHOO掲示板に書きこみをする下調べなんかで、毎日のようにキーワード検索を使っていますが、いつもながらその能力の高さにはびっくりさせられます。
ですが使っていてふと変な感じになることがあります。いつも似たようなジャンルの単語を調べていてもう出つくしたと思っていても、ある日何気なくちょっと切り口を変えた単語で検索するとまったく見たことも無かった情報がどっと出てくることがあります。

昨日まで調べていたものは何だったのかとがっくりしますが、まるで壁一枚隣に正解のルートがあるとは知る由も無く走り回っている巨大な迷路の中といった感じです。検索ソフトはまだまだ発達するし、使うにはコツがあると言ってしまえばそれまでですが・・・おそらくこの問題は情報の本質にかかわる困難さであり、そうそう近々に解決するとも思えません。

★メーリングリストは情報の墓場
メーリングリストも意図を持って集まった最初の少人数のうちは効果があっても、メンバーが増え最初の意図がぼけ始めたころには等比級数的に着信数が増え、それに反比例して見る気は失せていく。
掲示板もそうです。中身を示唆しようという配慮のないタイトル行が延々と続いて、開いてみないと中身がわからない。これを眺めていると、一つひとつには他とは違う万感の思いを込めた方が眠っているはずなのに延々と同じ形の十字架が続くアーリントンなどの軍人墓地を思い出してしまう。そう、そこに広がる風景はまさしく情報の墓場。


こんなことを考えながらいろいろ見ていて面白いものを見つけました。
Webを使ったeコマースの世界で使う、ホームページ上のテキストについて論じたものですが、画面上に羅列されたタイトルのクリックされる率とか、売り上げへの影響といった具体的な反応をベースにした論評なだけに説得力があります。

http://dragon.jp/report/archives/cat_writing.html
このサイトには現在リンクがつながりません。 

これはドラゴンフィールド株式会社が運営するWebマーケティング情報のサイトですが、この中の「WEBマーケティングレポート」のコーナーに

  ・簡単明瞭!効果絶大?実践的見出し学
  ・コンテンツ制作は「レスポンス・ライティング」で

・・・と言った切り口の記事がいろいろと掲載されています。

★情報はタイトルが勝負
レスポンス・ライティングというのも聴きなれない言葉ですが・・・読む人にレスポンスを誘う力を持った文章ということのようです。この中で、目次のようにタイトルだけが羅列された中でクリック率が高いタイトルでは、 「ツァイガルニック効果」が働いているといったことが紹介されています。

 「ツァイガルニック効果」とは、人は完成されたものよりも未完成のものに興味を引かれるというもの。問題が解決されてしまうと、それについては忘れてしまう。一方、中断されたり、答えがなかなか与えられないと、かえって深く記憶に残るということのようです。(2005.8.18)
by c_mann3 | 2008-11-20 00:00 | 組織心理学の心象風景 | Comments(0)
<<   ・・・次は・・・ ◆情報スキル:人とコンピュータ... >>