◆建築とこころ:あなたの心は何階建て?

建築とこころ・・・建築や街並が住む人の心を変え、こころが建築の様式を変えていく・・・両者が織りなす風景は・・・
----------------

●まずは心を建築に見立てると・・・

英語でたとえば“三階建ての家”を表すのにthree stories high とかいって、階をstoryで表現しますよね。
最初に接したときは何故?って変な感じだったのですが・・・最近はなかなか味わいのあるよくできた表現じゃないかと思うようになりました。

この表現、一見、ひと固まりのように見える家やビルディングも実は一階、一階それぞれに他の階とは違った物語“story”があるってことのようです。

だとすると人の心は何階建てなんでしょうか。
ペルソナ、意識、自我、無意識、普遍的無意識・・・これで5階建て。最近言われるようにそのもっと奥の爬虫類脳に太古の時代から引き継いだ本能に近い無意識があるなんて話しはさらに下の地下室があるってことなんでしょうか。

問題はこうした各階それぞれに他の階とは違った物語が潜んでいて・・・日ごろは交流がない。日ごろはエレベータで自分の階に直行で特に用がなければわざわざ階段を昇り下りしてまでは行きかうこともない。

大地震かなんかのアクシデントがありドスンと床が抜けたとき不意に現れる異なる階の物語・・・突然意識と無意識が遭遇し心は大混乱に陥っていく・・・
この話は・・・安定していた意識や自我が突然の環境変化で乱れ始め・・・その混乱に乗じて無意識の世界から何かが湧き上がってくる心の世界にそっくりかも。

●そして組織心理を建築に見立てると・・・

会社組織を象徴的に示す本社ビル。大企業ともなると数十階建ての超高層ビルだったりして・・・その一階、一階に企画本部、開発本部とか、営業本部とか・・・ひとつの会社の組織のようでいて実は日ごろはそれそれが異なる物語の世界に浸っている部門があり、その間をつなぐ細い階段やエレベータも右往左往行きかう人はあまりいない。

ここでもとんでもない市場変化とかいった地震が起こりフロアーが抜けるほどのことがなければ真の部門間交流は生まれないなんてことになるのかも。(2006.2.10)
by c_mann3 | 2006-02-20 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(1)
Commented at 2006-02-18 00:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<<   ・・・次は・・・ ◆建築とこころ:三丁目の夕日・・・ >>