◆ストレスで伸びる人の心理学

恐ろしい本を発見してしまいました。
題して「仕事ストレスで伸びる人の心理学」。副題が“争わず、逃避せず、真正面から立ち向かう”・・・ダイヤモンド社2006年3月刊。

何でも1975年から12年間にわたり、米国AT&Tの子会社イリノイ・ベルの従業員450人のストレスを臨床心理学者が追跡調査。
ちょうどその途中でAT&Tグループが民営化され、イリノイ・ベルでも大リストラが巻き起こり従業員の半数が解雇。会社に残っても組織も上司もが日替わりメニューのようにめまぐるしく変わる・・・

こうした中で心臓発作、うつ病、アルコール依存、ドラッグ・・・いろんな形で崩れていく人たちの中で、実は1/3の人たちはこのストレスに敢然と立ち向かい乗り切っていく・・・それどころか逆にキャリアを高めていったと。

で、もちろん両者の心理学的比較分析ということになるのですが・・・乗り切っていく人たちの特徴は「弾力性」「ハーディネス」「問題解決型の対処」・・・等々とのこと。


1970年代までのストレス心理学の目的は、会社としてもストレスを与えず、従業員も避けて生きるための処方箋の提示にあったが、その後の社会状況の激変の中でこうした柔な理論ではどうにも立ち行かなくなったところにこうした新しい研究が出てきたのだと・・・

新しいストレス心理学では“ストレスは人間の脳が活性化し、進化し続けるためには必須のもの”とまで言い切っていて・・・ちょっと体調の悪いときに読むには刺激が強すぎる本。

ですが・・・確かにそんな気もしないでもない。アメリカの後を追従して日本も大構造改革が巻き起こり、強烈なストレス社会となっていることを思うと貴重な本なのかもしれません。(2006.4.2)
by c_mann3 | 2009-02-20 00:00 | 組織心理学の心象風景 | Comments(0)
<<   ・・・次は・・・ ◆「鬱の力」・・・ >>