◆Google・・・そして「ウェブ進化論」

たまたま新聞で見かけた「Googleデスクトップ検索」とやらを自宅のパソコンに入れてみました。それから延々二時間ほど、ガリガリゴリゴリ勝手に動いていたパソコンがとんでもないことに。ためしに何気ないキーワードを入れて検索をすると、完全に忘却の彼方に忘れていた5~7年前の文章や資料がぞろぞろ現れる。

すごいっ!パソコンって一回掴んだ知識は絶対忘れないんだ・・・と感動する一方、なんか変なものが出てきそうでちょっと恐怖さえ感じてしまう。きっとこの恐怖は、せっかく忘れることで幸せに今を生きているひとが催眠術でもかけらて、とんでもない胸の奥底を暴かれるイメージなのかも知れません。

それにしてもこんな強烈なソフトを無償で配信するGoogleって会社はどんな会社?・・・なんてことを思っていた矢先、とんでもない本を発見しました。


★題して「ウェブ進化論」、梅田望夫さん著、ちくま新書582ですが、それによると・・・

インターネットの「あちら側」で今、恐ろしい事態が進行しているようです。
著者はインターネットをはさんで世界を「あちら側」と「こちら側」に区分することで21世紀のIT世界を展望しているのですが・・・

「こちら側」の世界は日夜ソフトやハードの開発に明け暮れ、それを物として売ることで利益をあげる20世紀型のビジネスモデルの世界。
他方、「あちら側」の世界はハードの販売にはまったく興味を示さず、ソフトは作ってもソフトは売らず、インターネットのあちら側においたままにしてネット経由で誰でもいつでも無償で使ってくださいというもの。

それでどうして儲けるの?と聞くのは旧人類。この方法で儲かりすぎて成長が止まらなくなっている会社の代表格がアメリカの検索会社Googleやamazon.comなど。

Googleの企業理念は「増殖する地球上の膨大な情報をすべて整理し尽くす」ことであり、それにより「知の世界の秩序の再編成」を目指すとのこと。

たとえば膨大な開発投資をし軍事秘密としてきた衛星写真をgoogleは昨年世界中の地図会社に応用ソフト込みで公開してしまった・・・そして今私たちはそれを無償で見ることができる。

こんな話を次々と積み重ねながらこの先十年で、「あちら側」の企業は「こちら側」の社会や企業群が培ってきた技術価値や権威や秩序を崩壊させるパワーを秘めている・・・

説得力のある「あちら側」の会社の成功の秘密や今後の社会の行く末が満載の感動的な本でした。(2006.5.26)
by C_MANN3 | 2008-10-20 00:00 | 組織心理学の心象風景 | Comments(2)
Commented by Ganga at 2006-05-28 15:41 x
「増殖する地球上の膨大な情報をすべて整理し尽くす」
「知の世界の秩序の再編成」
何気なく普段使っているGoogle、企業としてもすごいのですね。
上の理念にはなにかこう、西欧中世の図書館が目指していたような
凝縮された宇宙全体のミニチュアを求める根源的な精神の傾向というか、
どちらかというと不埒な野暮めいたものを感じます。
かなり古い時代から人間を突き動かしてきた情動が、「あちら側」から
実現されつつあるのかもしれません。
Commented by c_mann3 at 2006-05-30 21:38
Gangaさん、コメントありがとうございました。

Googleはもしかしたらミニチュア宇宙どころか宇宙そのものを望んでいる節があるんですよね。
この本にも出てくるのですがGoogleの社員には「もし世界政府というものがあって、そこが作るべきシステムがあるならそれを作るってのがGoogleのミッションだよね」というのが口癖の人がいたりするそうです。

巨大な検索システムをベースに「(権威によらない情報の格付けで)真の民主主義を達成する」とか「(アフィリエイトの分配等で)世界の富の再配分」を実現すると宣言しているとか・・・
もしかしたら今までのどの国際機関も、どんな国際企業もが達成できなかったものを、たとえ情報の分野に限ったとしてもGoogleは作ってしまうのかもしれませんね。
<<   ・・・次は・・・ ◆Wiki とマス・コラボレーション >>