◆ペルソナと三位一体・・・

ペルソナはユングの重要概念のひとつなのでしょうが・・・最近、何気なく覗いていたWikipediaで恐ろしいことを発見してしまいました。

ユングを解説した本では、ペルソナの語源はラテン語の「仮面」に由来するなどと書かれていて・・・あ~そうなんだ!とそれなりに理解したつもりではいたのですが、なんとキリスト教の重要教義「三位一体」の「位」もラテン語でpersonaと言うらしいですね。

父なる神、その子イエス、そして聖霊はそれぞれが完結した「位格」を持っているが実体としては同質で一体不可分のもの・・・これが三位一体ということなのですが、この「位格」がラテン語ではpersonaだとか。

ユングのペルソナが「仮面」由来と言われてしまうとなんとなく“表を取り繕い何かを覆い隠す仮の姿。内面とはまた別のもの”といったイメージがしてしまうのですが・・・「三位一体」と類似の概念だとなると・・・ユングのペルソナは人としての存在のひとつの現れ、ひとつの現れではあるがそれは自己や普遍的無意識と不可分で一体のもの・・・といった崇高なイメージが漂ってきます。

なるほど、もしかしたら「三位一体」のイメージをかぶらせるとユングのペルソナの理解が一歩前進するのかもしれない・・・なんてことを思ったりもします。

ユングのペルソナ・・・それは居場所としては人の意識の表層にあって外界と対峙しいているところなのですが・・・意識の意図によって任意に装える仮面のようなものではなく、もっと心の深層からにじみ出てくる何かによって形成されているもの・・・

ところでペルソナと心の深層とのかかわりについては、例えば男性的なペルソナを形成すると心の中ではアニマ的なものが深層に沈んでいくといったこともいわれ・・・だったらペルソナは元型の作用かといったことにもなるのですが、このあたりについては林道義さんのホームページに《ペルソナは元型か》と題した貴重な記事が・・・
by c_mann3 | 2006-11-20 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(0)
<<   ・・・次は・・・ ◆ユングは四位一体・・・ >>