「ほっ」と。キャンペーン

◆日本人と組織・・・

面白い本を見つけました。題して「日本人と組織」、山本七平著、角川書店から最近出たばかりの本です。

山本七平さんといえば40年近く前、イザヤ・ペンダサンのペンネームで「日本人とユダヤ人」を書いて一世を風靡した人。
「日本人と組織」はそのペンダサンこと山本さんが30年ほど前に雑誌に掲載していた組織論を編集したもののようなのですが、旧約聖書の時代に始まり現代に至る西欧の組織と日本人が作り出す組織の違いを鋭いキーワードで浮き彫りにした傑作です。

いろんなことが書かれているのですが、いくつかを拾うと・・・

◆契約に基づく中心軸統制組織と円環的枠組組織

西欧の組織はモーゼの十戒に始まりまず規約があり、それに自由意志で契約的に参加する人たちが集まって組織ができている。メンバーの忠誠は組織の中央に存在する規約に対するものであり、メンバー間やリーダーへの忠誠といったものではない。
対して日本では八百万の神々がすむ山々に囲まれた盆地の中で共生する集落が組織の原型。ここでは権威のよりどころは中央ではなく円環状に取り囲む山々の神であり、メンバー間は情で連結されていて、その情が知よりも優先する。

そんな風土の日本に導入された近代的な産業組織はおのずと西洋のそれとは異なったものとなる。会社に約款や規定、マニュアルはあるが日ごろそれを意識している人はいない。
西欧組織ではそうした規定を守ることが組織参加の契約そのものであるが、日本人にとっては契約とは山々の向こうとの対外契約のこと。盆地の中では超フラットな共生関係がベースなため情で秩序が形成され、意思決定は合意、稟議がベースとならざるを得ない。

◆神聖組織と世俗組織

神聖組織とは宗教や信条を共有する結社。対して世俗組織とは生きるための生産活動を効率的に行う組織。修道院(神聖組織)が自給自足的な生産活動(世俗組織)を行うといった原初的な例はあるが、基本的には西欧ではこの二つを徹底的に分離することで世俗組織の効率化と利潤を追求する方向に組織を発達させてきた。

そこでは神聖的なモラルとは異質な別の価値観(例えば弱肉強食)が支配する。そして一人一人の個人は徹底分離した二つの組織に属し、その矛盾と相克の中で生きていくもの・・・その結果として例えばビルゲーツに見られるように会社では世界最高の暴利を稼ぎながら一方でこれまた世界最大の福祉財団の長でもあるといった生き方がひとつの理想系となる。

対して日本では、世俗組織であるはずの会社組織に神聖組織と見まがうような人生観や生きがいといったものを忍び込ませてしまうことで、経済合理的な判断を難しくしてしまう・・・等々。


この本を読んでいると30年前にかかれたものとは思えない。この30年間で日本の会社組織(世俗組織)はさらに西欧化が徹底されてきたにもかかわらず・・・現代の組織にも今なお渦巻く日本人のDNA的なものを浮かび上がらせてくれる感じがします。(2007.8.10)
by c_mann3 | 2010-06-20 00:00 | 組織心理学の心象風景 | Comments(0)
<<   ・・・次は・・・ ◆中空構造日本の深層・・・ >>