◆可視化、見える化、気がつくか・・・

職場における継続的な改善改革のひとつのポイントは業務の可視化、見える化、そしてそこから何かを感じる力・・・ということで可視化についての雑感を何件か掲載させていただきます。

可視化、見える化、気がつくか・・・まずは、とあるフロントとバックヤードの風景から・・・

いらいらした表情で窓口に並ぶ長蛇の列、処理が追いつかず溜まりにたまって机から零れ落ちそうな書類の山、どんどん返品されて帰ってくる不良品の山・・・こうした情景を目の当たりにすると否が応でも事態は見えるし焦燥感はつのる。

ですが、こうした情景も壁を隔てたバックヤードの部門に「待ち時間」や「不良率」といった単なる数値として伝えたのでは焦燥感や危機感は消えてしまいますよね。ましてやさらに距離のあるイントラネットの掲示板などで一行表示のタイトルが無機質に並んでいる画面を見て、その向こうの世界に起こっている何かを感じるためにはよほどの想像力がいるようです。

・・・とこんな風に言ってしまうと「やっぱり現場に立たなければ・・・」といった現場主義の話だと思われてしまいそうですが、事はそう簡単ではない。事態の真っ只中にいる人が募る焦燥感で何かを始めるかというとそうとも限らない。事態が見えて網膜に映っていることとそれを課題と認識することはイコールではない。むしろ、単なる数値しか見ていないバックヤードの人が焦燥感に駆られて飛び出してくるなんてことも・・・

見ているのに気がつかない・・・その典型が最近テレビでよく紹介されている“AHA!体験”や“AHA!ムービー”ってことなのかもしれません。

はっきり異なる部分がある二枚の絵をスライドのように繰り返し見せられるのですが、その間に無地の絵を挟まれるとその違いがいくら注視しても判らない。徐々に変化するところを含んだ風景の数秒間のムービーを見せられるといくら注視していても変化しているところに気がつかない。答えを聞いたうえで再度見るとあまりにも露骨な違いがあることにガックリします。

フロントにあっても日常的な風景の中から課題に気がつくには何かが必要。
それが見えるように抽象的な指標化をする際には、何らかの配慮が必要。
そうすればバックヤードにいても何かを感じることができるが、そのためには想像力が必要ということなのでしょうか。

ところで“AHA!体験”については茂木健一郎さんが解説されているサイトが下記に・・・(2007.8.30)

・・・と、http://aha.sega.jp/aha.html にリンクしていたのですが、現在はつながりません。よって新たにソニーのサイトを下記に。

茂木さんはソニーコンピュータサイエンス研究所の研究員でもあります。
http://msc.sony.jp/ahap/aboutahataiken/

by c_mann3 | 2008-02-20 00:00 | 組織心理学の心象風景 | Comments(0)
<<   ・・・次は・・・ ◆可視化、見える化、感じるか・・・ >>