◆「心の哲学」、ロボット篇・・・

以前から気になっていた本、「シリーズ心の哲学」、全3巻のうちⅡのロボット篇を拾い読みし始めました。

勁草書房2004年刊、Ⅰが人間篇、Ⅱがロボット篇、Ⅲが翻訳篇なのですが、この内のロボット篇は“心を持つコンピュータやロボットは作れるか”といったところから始まる一冊であり、技術系の人にもなじみやすい感じがします。

◆まずは“心はどんなコンピュータなのか”と銘打った第一章・・・

一口で言うと形式論理を演算操作する古典的計算モデルと、コネクショニズム(どうやらニューラルネットのようなもの)のどちらが認知、思考といった意味での心のモデルとして妥当かといった議論なのですが・・・
技術系の人ならエキスパートシステムとニューラルネットを脳裏に描きながら読むとなかなか迫力のある優劣比較になっています。

1980年前後に人工知能がブームになったころ、私なども他社がやるからにはとエキスパートシステムやニューロやファジーのアルゴリズムに一瞬の期待を持って取り組んではみたものの結局思ったような効果が得られずあきらめたことを思い出します。

新しい理論や技術に取り組む時はうまくいかないと、理論の理解が足りないとかもっと高速コンピュータを使って情報量を増さなければ・・・といった量的な問題に原因を還元してしまって、こうしたシステムやアルゴリズムにはテーマとの相性を含めて本質的な課題や限界があるんじゃないか、といった話にはなりにくいんですよね。

一つ一つのテクニックや理論の課題や限界は、個々の処理技術の固有の世界におぼれてしまうと見えなくなってしまう。
だからこそ、こうした哲学的なレベルの比較アプローチが必要だったのでしょうが、当時はこんな本は無かった気がします。で、直感や嗅覚に優れた技術者はさっさと見切りをつけたが、量の問題に還元した技術者は実らない畑を深追いした・・・

技術系の人の多くは固有の専門書を読むだけでも大変で哲学書などには手が回らないのかもしれませんが・・・こうした哲学レベルの思索があると無駄な努力から足を洗いやすく、より確実な体系の方向性が見つけやすいのではと思ったりもします。

◆そして第三章では「フレーム問題」が・・・

“ロボットがフレーム問題に悩まなくなる日”などというとんでもなく長いタイトルがついた第三章もなかなかのものでした。

実はフレーム問題ってなんだっ!という無知なレベルで読み始めたのですが、どうやらフレームとは、“何かを判断する際に考慮する範囲”ということのよう・・・
ロボットに人工知能を組み込んだとして、人間に近い判断をさせようとするとほんのちょっとしたテーマでもいろんな場面を想定し配慮すべきもろもろの条件をインプットしていくと、ほとんど実時間では演算不可能なほどの条件群になってしまう。で、判断を早めようと無視してよい事項も条件に加えたりするとますますロボットは悩んでしまう・・・結局今のところ妙案は無いらしいとか。

対して人間は、それほど網羅的で完璧な条件や知識を保有しているわけでもないのに、場面場面でそれらしい判断条件をかき集めてそれなりの判断をする。この話を突き詰めて整理していくときっと人間の「知」の前人未到の深遠に踏み込んでいくことになるのだと。
どうやら人間のフレームは事前に固まったものがあるわけじゃない。インプットされていない条件でさえ何らかの方法で補って動員し、都度編成しているらしい。そしてその編成を誘導するものがスキームや文脈といった抽象的なものや感情なのだとも書かれています。

さらには、感情の無いロボットはフレーム設計に失敗し破綻してもクラッシュすればそれで終わるのですが、人間はその際すごく傷つく。この傷心が原動力となって新しいフレーム構築のすべを生み出していくのだといった話も・・・

もっとも昨今の人間様はせっかく感情を持っているのに何か不始末をしでかしても、「はじめての話で思いもよらなかった」とか、「聴いてなかった」などといって全く傷つこうとしない人もいるような気もするのですが・・・(この項はさらに次ページにも続きが)
by c_mann3 | 2012-06-20 00:00 | クオリアとか進化論など | Comments(0)
<<    ・・・次は・・・ ◆「心の哲学」、ロボット篇・・... >>