「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

◆ヒンドゥー:すべての流れはインダスに

フラッと入った本屋でヒンドゥーの本を買ってしまいました。題して「ヒンドゥー教」、副題が“インド3000年の生き方・考え方”。クシティ・モーハン・セーン著。講談社現代新書です。

読みやすい。もちろん聞きなれない独特のカタカナの人名や用語のオンパレードで、頭はくらくらとしますが、初心者がヒンドゥーの全体像をつかみやすいようにコンパクトに書かれていて(・・・これが著者の執筆方針だったとか)、何よりも読後感が爽やか。

ヒンドゥーとはペルシャ語でインダス河の周辺に住む人々を意味する言葉とか。
ヒンドゥーにはあれだけいろんな神様が出てくるので多神教だと思っていたのですが、実はそれらは万物に遍在する絶対神がいろんな形に姿を変えた化身でヒンドゥー自体はれっきとした一神教とのこと。
b0050634_2247498.jpg神に至る道はひとつではなく「知識による道」、「祭式などの行為による道」、「ひたすら信仰に燃える親愛の道」のすべてが許容され・・・いろいろな小川が大河に通じるように、全ての流派や流儀はいずれもインダスの大河に合流し神への道に通じているとか。
もしかしたら読後の爽やかさは、この全てを許容し、飲み込む大らかさにあるのかもしれません。

仏教もヒンドゥーの一派、仏陀は化身の一人と思っているヒンドゥー教徒も多いとか。仏教やジャイナ教はヒンドゥー(バラモンと言うべきか)の世界から生まれたものには違いないにしても、実は仏教ほどの宗教を生んでいながら仏教国ではないインドを奇妙に思っていたのですが・・・仏教を嫌ったわけでも排除したわけでもなく、全てはインダスに合流するものの一派といわれてしまうと、なるほどとしか言いようがないのかも。(2005.8.21)
by c_mann3 | 2006-06-20 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(0)

◆ヒンドゥー:「人生の午後3時」と「四住期」

「人生の午後3時」というのはよく耳にしていた言葉なのですが語源も意味もわかっていませんでした。ところがこのフレーズ、ユングが人生の50代を表現して書いていたもののようでびっくりです。しかもユングが“本当に花開く業績に到達したのは70代になって”などと聞くとさらに驚きです。

よく似た人生の区切り論として、ヒンドゥーには人生を四段階に分ける「四住期」説というものがあるようです。
人生を「学生期」、「家長期」、「林住期」、「遊行期」の4つの時期に分けるわけですが、これを1期何年と考えるかで人生のイメージがずいぶんと変わってきます。一説に1期25年というのがあるようですが、長寿国ニッポンの現状から見てこれが一番リアリティがあるのかもしれません。

まず「学生期」、これは勉学に励む第一期ですが、高学歴化する現在、修士課程を出ると既に24~5歳という現状にぴったりです。

次の「家長期」、これは世のため家族のために働く時代ですが、定年が60であるにもかかわらず、厳しい企業競争を反映して早期選抜、早期役職定年制を採る企業が増え、仕事でバーンアウトしてしまいやすい年齢が50歳ごろというのに妙に一致してしまいます。

問題は次の「林住期」です。本来は仕事を終え家を出て林に入り求道生活に没頭する時期ということになっていますが、ここで新たに25年をかけ何かを追求する意義をみいだせるかどうかがポイントなんだろうと思います。現実は引退し、気楽に過ごそうと思ってスタートは切るものの退屈をもてあましたり、厄介者扱いされたりしているうちに、突然痴呆に襲われたりする危険ゾーンなのかもしれません。

ヒンドゥーではこれを乗り切った選ばれし人のみが最後に心の放浪の旅に出る「遊行期」を迎えるとあります。

この「四住期」に当てはめて人生を考えますと、「家長期」を終えようとする50歳前後が「人生の午後3時」と思えるかどうかは次の「林住期」を見出せるかどうかにかかっているようです。それがなければ「午後3時」はまさしく「早すぎる夕暮れ時」ということになるのでしょう。
逆に「林住期」を見出すことができれば、まさしくユングのように70代でやっと仕上がるほどの“大輪の花”にたどり着くのかもしれません。

などと人ごとのようにまとめてしまいましたが、私にとっての「林住期」は、いまだ霧の中といったところです。 (2005.8.21)
by c_mann3 | 2006-06-16 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(0)

◆ヒンドゥー:「四住期」、その意味合い・・・

前掲記事では「林住期」について、“本来は仕事を終え家を出て林に入り求道生活に没頭する時期ということになっていて、ここで新たに25年をかけ何かを追求する意義をみいだせるかどうか・・・”などと突き詰めた勝手な解釈の表現をし、YAHOOの掲示板に掲載していたのですが・・・
s1208さんより“ヒンドゥーでは「林住期」「聖なる生活」が大変贅沢なことであるという意識がありますよね。引退して仕方なくというよりは、「聖なる生活」に入るためには、まず世俗的な義務をはたしてからでなければならないいというニュアンスが・・・”といったコメントをいただいておりました。

そんな折、新聞のコラム欄で「四住期」に関する山折哲雄さんのコメントを見つけました。
「四住期」というのは紀元前後のころにつくられた「マヌ法典」という書物に出てくるとかで、趣旨がs1208さんがおっしゃっていたイメージ通りでした。記事を引用させていただくと・・・

--------------------------------------
林住期には、家庭が落ち着いたあと、一時的に家を出て、やりたいことをやる。飽きたり疲れたり、路銀がつきれば、また家に帰ってくる。林住とは「林に住む」ということで、自由冥想の時間を合む・・・
(四住期のなかでも)魅力があるのは、やはり第三の林住期ではないだろうか。もっとも、わがまま勝手、中途半端で無責任な振る舞い、といわれても抗弁のしようがない。しかしそれでも、古代のインド人は何と気のきいたライフステージを考え出したものかと思わないわけにはいかない・・・
最後の遊行期は、林住から抜け出て、こんどはたった一人の聖者の道を往く。林住期に入った人間の百人に一人、千人に一人が、そういう道を選ぶ。かつてのおシャカさん、現代のガンデイーなどがそれにあたるだろう。いってみれば、他人の魂のみとりにだけ自分の人生を捧げる。(タイトルは「洛中夢」、H14.10.21付け朝日新聞)
-------------------------------------
どうやら「林住期」には、求道生活といったイメージは無く、もっと気ままなもののようですね。むしろ最後の遊行期が求道のイメージに近いのかも。それにしてもお釈迦さん、ガンジークラスのものというのではあまりにもハイレベルでびっくりといった感じです。(2005.8.21)


     
by c_mann3 | 2006-06-14 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(0)

◆ヒンドゥー:神々の住む島、バリ

ところでヒンドゥーの「四住期」については前掲の本、クシティ・モーハン・セーン著「ヒンドゥー教」でも冒頭に出てきます。

実はこの春、ヒンドゥーの島、インドネシアのバリに出かけ炎天下ひたすらヒンドゥーや仏教の寺院、遺跡を巡ってきました。息子が「学生期」を終えたこともあり、私自身もボツボツ「家長期」から卒業し「林住期」に軟着陸をなどと思っての家族旅行でしたが、バリのヒンドゥーにはなにか遠い昔の古里に帰ったような安らぎを感じたのが不思議でした。
もっともインドとバリではヒンドゥーも何かと違うのかもしれませんが・・・ (2005.8.21)

◆ジョクジャカルタ大地震

(2006.5.31追記) 5/27早朝発生したジョクジャカルタの巨大地震はついに死者の数が6000人を超えてしまったようです。b0050634_23475147.jpg
上述のバリ島旅行の際、実は足を伸ばしてジョクジャカルタにも一泊し、近くの仏教遺跡ボロブドゥールとヒンドゥー遺跡プランバナンにも立ち寄りました。何れも感動的な遺跡なのですが・・・どうやらプランバナンの方はかなり崩れているようです。完全な石造りなので修復は可能だと思うのですが・・・これ以上に死者が増えないことと、一日も早い復旧をお祈りいたします。


  ▼ところでもう一つのヒンドゥー遺跡群、アンコールワットについても別掲記事が・・・
by c_mann3 | 2006-06-13 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(0)

◆ヒンドゥーの「四住期」・・・1期は何年?

この記事は三つ上にスクロールしたところの前掲記事、“◆ヒンドゥー:「人生の午後3時」と「四住期」”から読み始めていただきたいのですが・・・

人生を「学生期」、「家長期」、「林住期」、「遊行期」の4つの時期に分けるヒンドゥーの「四住期」説・・・これを現代に当てはめると1期は何年?

実はこの「四住期」、以前から妙に惹かれるものがあり、このブログでもいくつか記事を書いていながら・・・肝心の1期が何年かということがすっきりしていませんでした。

前掲の記事を最初に書いたのは5年近く前。当時はいろいろと調べては見たのですが、この年限をはっきり書いているものが見当たらないままでした。
で、勝手に1期が25年ということでいろいろと書いてはいますが・・・そうすると生活のためにせっせと働く「家長期(かじゅうき)」が25~50才、そして肝心の「林住期(りんじゅうき)」が50~75才ということで、サラリーマンの定年が60であることからして「林住期」の真ん中まで働き続けることになってしまう。

そこで熾烈な現代社会のサラリーマンは50才ごろバーンアウトし転機を迎えるなどと、半ば自分に言い聞かせつつも、ずっと気になり続けていました。


ところが最近、五木寛之さんが「林住期」と題した本(幻冬社)を出されたんですよね。で、早速覗いてみると五木さんは何と25年説!
となると、サラリーマンの60才定年はどう扱われているかってことなんですが・・・
サラリーマンも50才ごろが来ると仕事も立場も先が見えてくる。「林住期」の本質は“自分のために生きる”ということなんだから、いろいろ気を使って会社のためとか生活のために働くってことからは卒業し、自分のために、自分の思いで仕事をすることに気持ちを切り替えてもいいんじゃないかとのことのようです。
さすが五木さん、なんか一挙にのどの痞えが取れた感じがしました。

もっともサラリーマン、道半ばの50にして心境を切り替えることはそう簡単じゃない・・・とは言うものの50といえば不惑の40を過ぎて既に10年も経っている。自身を見つめなおし新たな気持ちで再出発するには、程よいタイミングなのかもしれませんね。


◆ところでもうひとつの案・・・
50才、サラリーマンの真っ只中で林住期はどうも、という向きには1期30年説というのはどうでしょうか。
仕事に就いても30まではまだまだ修行の身ってことで「学生期」は30才まで。で定年を迎える60までが、がむしゃらに働く「家長期」。となると自分のために気ままに生きる「林住期」は60~90才。

ん!じゃー「遊行期」はどうなる?・・・もともとこの期は選ばれた百人に1人、千人に1人のひとが聖者になる修行の旅にでるというもの。もしこの世で時間切れとなれば続きは彼岸の世界でたっぷり時間をかけて仏への道を、というのもいいのかもしれません。(2007.4.15)
by c_mann3 | 2006-06-12 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(0)

◆「林住期」と結廬在人境・・・

四住期の1期を25年とした場合・・・林住期が文字通りの隠遁だとすると、たしかに50才でそれを行うのは困難。ですが似たような効果をもつ生き方が無いわけではない。ひとつは呼吸法、もうひとつは在宅のままの出家。

◇まずは呼吸法が平穏を生む

五木さんの「林住期」では呼吸法に一章が割かれています。物理的な呼吸法が体調を整え、こころの充実や平穏につながるといったことなのですが・・・時代の空気を呼吸する、空気を読む、風を読む、といったように空気は肺に取り込むものばかりではない。いかに呼吸をしこころに気を取り入れるかが重要。
唐突ですが・・・ひとつのモデルは大海を泳ぐ鯨。流線型で何の抵抗も摩擦もなく大海を泳ぎまわり、嵐で時化た日は深く潜行し穏やかになると水面に顔を出して潮を吹く・・・自在の生き様はそれだけでも絵になりますが、さらに呼吸法も強たか。一呼吸ごとに大量の海水を取り込みはするがフィルターでオキアミなどの栄養だけをかすめとったあとはそのまま体外に放出してしまう。大量の海水はエキスを運ぶための単なるキャリアーでしかない。

喧騒の「家長期」にあっては聞きたくなくても聞こえてくる話、見たくも無いのに見えてしまう風景・・・そうしたものが心をざわつかせ、邪念や感情がそれに過剰に反応して不必要に気を摂取してしまう。いわばこころの過呼吸症。だがそれを遮断してしまうと判断材料がなくなってしまう。
・・・もし鯨のように選択吸収できるなら話は変わってくるのかも。たとえばおびただしい情報から感情的な成分をふるい落として摂取できるなら、判断材料は損なわれないままに心はずいぶんと穏やかになる。

◇そして在宅のままの出家

喧騒の真っ只中にいるはずの稲盛和夫さんが出家して、しかも事業にはますますご熱心だとか・・・林住期を過ごす場所は人里はなれた林とは限らない。隠遁の庵は街の喧騒の中といったこともありえる・・・

中国の詩人、陶淵明の詩にこんなものがあるようです。
b0050634_20415589.jpg  結廬在人境
  而無車馬喧
  問君何能爾
  心遠地自偏
  采菊東籬下
  悠然見南山
  山気日夕佳
  飛鳥相與還
  此中有真意
  欲辨已忘言

もっともこれでは何のことなのかサッパリわからない。そこでどなたかの訳に頼ると・・・
------
隠遁し小さな廬を結んではいるが、山林の奥ではなく人里に留まっている。なのに行き来する馬車や人の動きの喧騒は全く耳に入らない。
どうして、そんな風にしていられるのかとよく聞かれるが、どこにいるかが問題なのではない、心が俗世界から遠い所にあるなら、居る場所は自ずから辺鄙な場所と同じこと。

今日も今日とて、ひがしの垣根のあたりで、菊を摘みつつ、遠く南山のあたりを悠然とながめておった。折しも夕方の美しい光の中で、鳥たちも、翼を並べて巣に帰って行くところだった。
この平穏なる景色のうちに人生のまことの心が篭っている。それをどんなものかと説明しようと思うたが、ふと言葉を忘れてしまった・・・。
-------

コンクリート建造物の林立する街の中に身をおきながら、現実には立場も身柄も「家長期にあったとしても・・・周りの喧騒がなにか遠いところから聞こえる風のざわめき程度にしか気にならなくなり・・・竹林の中にいるかのごとく笹の葉と風が触れ合って織りなす微かなざわめきをBGMに、心は時空を超えた世界に遊泳させながら現世に生きる・・・といったことは呼吸法ひとつで(?)可能なような気もするのですが・・・そのためには、ちょっと修練が必要かな?(2007.4.18)

ところで、稲盛和夫さんは1997年9月7日、京都府八幡市の円福寺(写真)にて得度されたとのことです。

by c_mann3 | 2006-06-10 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(0)

◆ブッダの「遊行期」・・・

五木寛之さんのテレビ番組「21世紀・仏教への旅」、以前から気になっていたのですが・・・我が家ではハイビジョンが見られず困っていたところ、BSで再放送が始まりました。世間より半年遅れで見ることになりますが・・・連続5回の放送が楽しみです。


第一回はブッダが80歳で400キロに及ぶ最後の旅に出た軌跡を追ったインド編。
仏教発祥の国でありなから、この国では仏教は消滅して久しく、現在の信者はなんと人口の0.7%だとか。
したがって軌跡の旅も経典を頼りに点々とかすかに残る遺跡をたどるしかなく・・・よけいに流転と無常を感じさせてくれます。

おりしも五木寛之さんの本、「林住期」が人気を博していますが・・・ブッダの死を感じての最後の旅を見ていると、ふっと「遊行期」を思い出してしまいました。四住期の最後を飾る「遊行期」とは実はこんな感じなのかもしれません。

そういえば前掲の記事にも書いているのですが、山折哲雄さんによると「遊行期」というものはお釈迦さんや、現代のガンデイークラスの選ばれた人のみが辿る道なのだとか・・・ そしてこれが「遊行期」だとすると、お釈迦さんでさえ「遊行期」は25年には程遠く、ほんの三ヶ月だったということになるのですが・・・(2007.4.30)
by c_mann3 | 2006-06-08 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(0)

  ・・・次は・・・

      ◆次は「多神教、一神教」等について⇒⇒


by C_MANN3 | 2006-06-01 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(0)