<   2006年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

◆2003年のイラク・・・つかの間の解放区

ますます混迷の度を深める中東情勢ですが・・・ブッシュがイラクに侵攻して間もないころ、YAHOO掲示板にこんな駄文を書いておりました。

----------------
(以下は2003/ 4/13 記)タイトルは「カオスからコスモスへ、道は遠く」です。

イラクもどうやらミサイルや武器弾薬を撒き散らす形の戦争はほぼ終結といったところなんでしょうか。
前回の湾岸戦争のときもそうだったのですが・・・ジハードとか言う以上、ベトナム並みの長期戦になるのかと思いきや、あっさり片がつくのが不思議です。
振り返ってみるとあらためてベトナムの人々のピュアーな意思、持続力に敬意の念を感じます。


どうやらバクダッドでは当たりかまわずの略奪が行われているようです。こんな風景を見ていてフッと、「アラビアのロレンス」を思い出してしまいました。

英国人のロレンスがあっちこっちの部族の首長を口説いて対トルコのゲリラ戦を戦い、敵を殲滅はしたものの戦利品が無いと荒れ狂い、そのあたりのものをてあたりしだい略奪するとさっさと解散して国許に帰ってしまう部族たち・・・もしかしたら抽象的なもののために戦うことは不得手な人たちなのかもしれない・・・なんてことを思ったりもします。b0050634_139436.jpg

さらには遂にアカバを陥落させたものの電気も水道も麻痺したまま、都市機能をオペレーションすると言ったことには頓着なく、戦後処理の会議では居並ぶ欧州の強国の前で団結して駆け引きをするといった気持ちはかけらも無く部族の首長同士がののしりあう姿・・・
一体何のための、誰のための戦いだったのか・・・互いにののしりあうアラブ人たちの奇妙な活力、対して憔悴しきったロレンスの表情・・・印象的な映画でした。

もしかしたら人類は一様にコスモスを求めているわけではなく、カオスをまるで空気のように受け入れて呼吸のできる人たちもいるのかもしれません。
イスラムのコーランは法と秩序の体系といわれますが、カオスの中に活力を求めるこうした人たちの世界でコスモスを築くためには宗教はコーランにならざるを得ず、また大多数がカオスを求める中では一部の人たちが逆に超コスモスと言えなくもない「原理主義」に走ることもまた必然的な帰結なのかもしれない・・・などという感じもするのですが・・・

それにしてもソ連邦が崩壊すると一挙に噴出した民族紛争もそうですが、それが政治思想であれ、宗教であれ、圧制であれ・・・何かの強制力があってのコスモス、それがはずれると一挙にカオスの世界に入り・・・一人一人が自然発生的に連携しコスモスを形成していくなどということは望むべくも無く、次のコスモスは次の強制的支配力の形成を待つのみといったことを繰り返す人類の歴史って・・・一体何なんでしょうか。

----------------

以上が、当時の毎日のニュースを眺めていての感想文といったものだったのですが、まず最初の数行の斜体表記部は、まったくの的はずれだったようでお恥ずかしい限りです。

ただ、最初の徹底的な空爆が一段落し、フセインの軍隊は霧散、未だ米英の地上部隊は都心には進駐せずといったほんの数日間のこの風景は、今にして思うとイラクの人たちにとってはカオスと言うよりはつかの間の「解放区」だったのかもしれません。まるで台風の目に入ったような・・・暴風雨が収まり出現した一瞬の青空・・・ですがそれはほんのつかの間。やがて以前にもまして強烈な逆風の世界に突入していくことになります。

そして新たな暴風雨の中で立ち上がるジハードが嵐をさらに強力で持続的なものに変えていった。ですが、イラクのジハードは原因ではなく、状況へのリアクションといった感じがします。

そしてアラビアのロレンスになぞらえて言うなら・・・ロレンスが半ば厭世気分で“アラブのことはアラブの好きにしてもらうしかない”と憔悴しきって祖国に引き揚げたように・・・ブッシュもまた何も得られぬままに祖国に引き揚げていただくしかないのかもしれませんね。(2006.8.20)
by c_mann3 | 2006-10-20 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(0)

◆イスラーム戦争の時代

アフガニスタン、イラクと続いた戦争はどれひとつとして決着がつくことなく、今、レバノン・イスラエルへと飛び火しています。
いったん収まったかに見えたアフガニスタンではタリバンが復活しつつあり、アルカイダが動きやすくなりつつあるといったニュースが流れています。
イラクも自衛隊はかろうじて引き揚げましたが雲ゆきは怪しく再び内戦状態に戻りつつあるとか・・・

そして今、英国では航空機テロを計画していたとされる集団が逮捕され、空港は大混乱に陥っています。
今年の六月、ザルカウィの殺害に成功した米国はこれでアルカイダの組織は崩壊に向かうと胸を張りましたが、アルカイダが関与していてもいなくてもジハードの動きは沈静しそうにありません。
よく言われているように既にアルカイダは組織ではなくネット上の共有思想であり、目障りで著名なリーダー格の人たちをたとえ何人か殺害したとしても形のない組織では崩壊のしようがないのかもしれません。


航空機テロ未遂を受けてブッシュは「我が国がイスラム過激派との戦争状態にあることをはっきり思い起こさせた」と談話を発表しました。“イスラム過激派”と“過激派”の三文字がついているためなんとなく耳になじんでしまいますが・・・同じく過激派とくくっているレバノンのヒズボラやパレスチナのハマスは武器を片手にはしていても福祉や医療活動にも邁進し市民の支持を受けて政権の一翼を担う政党でもある。

ヒズボラやハマスをアルカイダと同列に拒否し続けることは“イスラム過激派との戦争”が“イスラムとの戦争”に発展しかねない危険をはらんでいるのかもしれません。


こんなニュースが続く中で一冊の本に遭遇しました。
題して「イスラーム戦争の時代」、副題が“暴力の連鎖をどう解くか”。内藤正典(一橋大)著、この四月、日本放送協会の出版です。
二十数年にわたるイスラム社会への調査研究を背景に、イスラム社会の状況、心情と苦悩といったものが親愛の情を持ってくっきりと描かれています。親愛の情を持って書かれた著作というと公平さや客観性を損なった本といった誤解を受けそうですが無論そうした本ではない。

ですが、イスラムの世界は日ごろから基礎知識にも乏しく、その分偏見に惑わされているかも知れない世界。読み終わった後の知ることの重大さと併せて感じるすっきり感は著者の視線のなせる業なのかもと思わせる一冊でした。

一つ一つの事件ががとんでもないものであることは確かですが、毎日流れる悲惨なニュースが互いの憎悪を増幅しあっていることも確か・・・憎悪増幅の連鎖を断ち切るものは、もしかしたら正確な知識に裏付けられた互いへの畏敬の念と親愛の情なのかもしれません。(2006.8.12)
by C_MANN3 | 2006-10-18 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(0)

◆9.11 ・・・ 映画「ユナイティド93」

同時多発テロから5年、9.11を前後してテレビではいろいろな特集番組が続いていました。
そうした中で少なからずの被害者の家族の方が自分の夫やご子息の犠牲を口実に戦争を始めることはやめてほしい、そんなことは望んでいない・・・と訴えていたことが印象的でした。

テレビの特集だけでなく、9.11をテーマにした映画の上映もいくつか続くようですが、そのひとつ「ユナイティド93」を先日見てしまいました。
結末がわかっているだけに、最初の出だしの何気ないシーンから言いようのない緊張感に襲われ、見ていて息苦しくなる映画でした。

事態が進展し地上の航空管制室ではスタッフがいよいよただ事ではないと感じ始めても・・・空港につめているはずの空軍連絡将校は雲隠れ。大統領とも副大統領ともなかなか連絡が取れない。
それでもやっと動き始めた空軍はスクランブルはかけるが自国内で国民を巻き添えにする強硬手段は取りにくいのか最後まで躊躇・・・米国といえども万全のはずの危機管理体制というものは実際にこんなものなのかもしれません。

もしこの飛行機の出発が遅れず、計画通りにホワイトハウスに突っ込んでいたらアメリカのその後の反応はどうなっていたのでしょうか・・・この映画を見終わって思うことは実に様々です。

911をパールハーバーになぞらえる人たちもいるようです。もちろん伝えられているのは卑劣な攻撃としてですが・・・同じくなぞらえるなら別の見方も可能です。
パールハーバーでは直前に届けようとした宣戦布告通知が伝わらなかったとか、米国が事前につかんでいた電波傍受の情報をあえて無視したといった話があるのと同じように、今回のテロについても情報は事前にキャッチされていたはずといった話が流れています。

これだけの犠牲者が出ている事件にこんな憶測は不謹慎なのでしょうが・・・・・・管制室の情報がなかなか届かず、届いてもアクションにもつながらないままに時間が過ぎていく「ユナイティド93」のシーンを見るにつけても、重要な事前情報がしかるべきところには届かなず、届いても組織としては反応しなかったという話はあったのかもしれないと思ったりもします。
意図的な情報無視などという話は論外としても、釈然としないものが残ることは確かです。(2006.9.11頃 記)
by C_MANN3 | 2006-10-16 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(0)

◆9.11・・・さらにいくつかの本

同時多発テロから5年、9.11を前後する中でさらにいくつかの本に出会いました。

◆そのひとつは「テロ後、世界はどう変わったか」・・・
岩波新書770。9.11に関する論説集なのですが・・・その中の一編、大澤真幸著、“文明の外的かつ内的な衝突”が印象的でした。

曰く・・・9.11を起こしたテロリストとそれに反応したアメリカは鏡映関係にあると。イスラム原理主義者の「聖戦」と称するテロを狂信的な蛮行として非難するアメリカがとった行動は、自由と民主主義を守る“聖戦”としての報復攻撃。
そして実は、戦争を聖戦と称して鼓舞しなければ国家への忠誠心が集結できないアメリカ。対して突然国内でテロを繰り広げた原理主義者は鼓舞されずとも何かへの忠誠心から死をいとわない聖戦に突入した人たち。

この事態を目の当たりにしアメリカが自国で求めている忠誠心を上回る忠誠心をもった集団の存在に驚愕、この無意識の驚愕と嫉妬が報復反応を過激なものにしてしまった・・・といった論調なのですが、なるほど、そんな見方もできるのかも知れませんね。

◆もうひとつは「中東イスラーム民族史」・・・
副題が“競合するアラブ、イラン、トルコ”。宮田律著、中公新書1858。先月出たばかりの本だけあって1500年も前のイスラーム誕生前後に始まり中東の地に繰り広げられる一大スペクタクルなのですが、つい先月の事件までがシームレスに描かれているところがミソ。ますます混迷の度を増す中近東やイスラーム社会の歴史的背景みたいなものが薄ぼんやりと見えてくる感じです。

b0050634_1848153.jpgせっかくの本なのですが・・・困ったことに基礎となる地名や国名の位置関係も今ひとつ頭に入っていないしイスラーム宗派の違いも分かっていない。何とか国の北東部の何民族などと書かれていてもその向こうが何国でどの宗派の国なのかなんてことをいちいち地図や付図で確認しながらの読書でとにかく骨が折れる・・・ですが911に限らず一連のテロや戦争を理解するためには必須の本、案外秋の夜長に理解に手間取りながら読むにはうってつけの本なのかもしれません。
       ------------ ◇ ---------------

こんな記事を書いていたころ、相前後して受験校の「世界史」未履修問題が話題になっていました。

「世界史」などは切り捨てた効率第一の受験勉強で、一流大学から一流企業に進みやがては国際舞台に散っていく・・・だがそこには切り捨てたはずの「世界史」が今に尾を引く世界が待っている。英語だけが国際化じゃない・・・やっぱりちょっと、まずいんじゃないかって感じはしますよね。(2006.9.11頃 記)
       ------------ ◇ ---------------

◆2011.5.2追記・・・9.11から10年を経た今日、米軍の急襲によりオサマ・ビンラディン死すとのニューズが流れました。直接声明を発表するオバマ大統領、グラウンド・ゼロの地で歓喜する米国市民、いろいろな反応を示す中東諸国・・・これを一つの節目として、世界は変化し始めるのでしょうか?要経過観察ですよね。
by c_mann3 | 2006-10-14 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(0)

◆井筒俊彦さんの「意味の深みへ」・・・

米英軍がイラクに侵攻したあと、ブッシュはほんの数ヶ月で高らかに戦闘終結宣言をしたはずなのですが、それから5年が経過してもなおイラクの混迷はますます深まり、自爆テロも収まりそうにありません。

それどころかイラク以前にいったんは終結していたはずのアフガニスタンではタリバンが復活し、イスラエルとイランは今にも激突しなねない雰囲気に・・・

911に端を発したテロとの戦いは核疑惑国への予防攻撃といった論理で闘う対象を拡大し、それがくさびとなってかろうじて治まっていたはずの国家間、宗派間の亀裂をはてしなく広げています。

ここまで対立してしまって両者の間で折り合いはつくものなのかなどと思ってしまいますが・・・そうした中で井筒俊彦さんの本、岩波書店1985年刊の「意味の深みへ」に出会いました。

テヘランでイスラム哲学の研究に没頭していた井筒さんはイラン革命が勃発し騒然とする1979年、亡命先から帰国するホメイニ師とすれ違うように日航の邦人救出機で帰国。
この本はその直後に書かれた論文や講演を編集したものなのですが、その中に“異なる文化的枠組みの中でコミュニケーションは成立するのか”といった話が出てきます。

この本で井筒さんは・・・

今、世界は地球社会化を目指して「一様化」と「多様化」が同時進行している。
科学技術、機械文明、工業化で一様化が推し進められ、もはやいかなる国も民族も「誇り高い孤高」の状態ではいられない。
だが一様化の進展で異文化が接近するために離れていれば問題にはならなかった固有の文化、伝統、世界観、生活感情のレベルで不調和、不一致、闘争、激突が発生している。

この不一致や対立を乗り越えてよりレベルの高い地球社会化が達成できるかどうかが問題なのですが、井筒さんは東洋哲学やユングを引き合いに出し希望はあると。

いずれの民族もその思いや伝統は強く言葉と結びついて輪郭を主張している。民族の表層部はこうした言葉と言葉が織物のように堅く結びついて覆われていて、さらにその一つ一つが民族の無意識の深層に根を張った強固な意味ネットワークとしての網状体を形づくっている。

本来は互いに相容れない表層意識の太い結び目を解きほぐし、外来の異質なものを心の深層の混沌の中に溶解させた上で意味ネットワークの網状体を再構築するなら、新たな地平を切り開くことは可能。
そしてそのためには人の意識や認識は基底部に混沌の世界を持つ多重多層の構造を持ち、その表層と根底にある混沌の世界は観想で交流と再編成が可能とする東洋思想に期待を寄せておられるのですが・・・

観想やユングの言う変容は一人一人の個人においても到達することが難しく、とんでもない修練が必要。それが、足並みのそろわない人の集合体である民族や国家で本当に成り立つものなのかが気になるところですよね。(2008.7.17)
by c_mann3 | 2006-10-12 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(0)

◆シーア派イスラーム・・・

ところで前掲記事の本、井筒さんの「意味の深みへ」には「シーア派イスラーム」といった章があり、日ごろ新聞を読んでいてもイメージのつかみにくいスンニ派とシーア派について、同じイスラムの中で分離して行った経緯や両派の特徴がくっきりと描かれています。

一口で言ってしまうとムハンマド亡き後の後継者選びをめぐって二手に分かれてしまったということなのですが、問題はムハンマドがイスラム共同体の宗教のみならず政治的にも最高主権者であったこと。
で、そんな全能の後継者は望むべくもないとコーランに基づく実務的な政治能力を重視して選ぼうとする現実路線のスンニ派と、ムハンマドの聖性的なものを引き継がなければ意味がないと血筋にこだわるシーア派に分離し対立してくことに・・・

この二派のせめぎあいの中でムハンマド亡き後の最初の三代はスンニ派に、その後の四代目からやっとムハンマドの娘婿アリーや孫へと引き継がれるのですが・・・
まずそのアリーは暗殺で倒れ、次の五代目にはスンニ派の横槍が強く、ついには政治権力を支配するスンニ派の後継者(カリフ)と聖性を担うシーア派の後継(イマム)が並存する政教分離状態に。それではならじと次の六代目はわずかな手勢でスンニ派の大軍に勝ち目のない戦いを挑むのですが、あえなく玉砕。

こうした中で苦難の道に耐え、聖性的なものを守るためには聖戦をも辞さないシーア派の特質が色濃く形作られていったのだと。

それでもシーア派の後継者イマムの系列は続いていくのですが、アリーを起点に数えたイマムの12代目が就任後突然この世から姿を消し以降は空席のまま。そしてこのイマムがいつの日か救世主として再びこの世に現れるというのがシーア派のなかでの十二イマム派ということのよう。

どうやら宗教性の強いシーア派の中でもさらにその色合いが濃いのが十二イマム。そうした中でイスラエルやアメリカに対立し、ますます主張を強めるイランは十二イマムを国教とする国・・・となるとイランはそう簡単には屈しない!?

それにしても井筒さんの本は文章というか文体がすごい。こんな難解な内容で古めかしい漢字の熟語と聞きなれないカタカナのオンパレードなのに、声を出して読みたくなるようなしなやかな文体と切れのよいリズム。
読んでいると内容を追っかけるのを忘れてしまいそうにさえなりますが、実はこの本を読もうと思ったきっかけは「言語アラヤ識」に・・・・ですがその話はまた稿を改めてということで。(2008.7.17)
by c_mann3 | 2006-10-10 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(0)

◆イランはこれから・・・

まるで国家の深層心理学といった感動的な本が出ています。

春日孝之さん著「イランはこれからどうなるのか」、新潮新書384・・・

長い歴史の中でアラブやトルコ、近年ではイギリスやロシアといった国々に何度となく蹂躙されながらも自身が古代ペルシャ帝国の末裔であるとの自負が根強いイラン。
イスラム教の中でも最も神秘性の強いシーア派12イマムを国教としていながらも、その奥にはすべての宗教の源流ともいわれるゾロアスター教の血を脈々と受け継いでいることが誇り。
自身をペルシャ語を話すアーリア人(白人)と位置づけ、一時は同じくアーリア人を自負するナチスドイツと手を組んだことさえあるイラン、そしてイラン人。

日ごろの言動からきわめて原理主義的な国民との印象を与えていながら、実は状況に応じて臨機応変に本音と建前を使い分ける現実主義…でも冷静な現実主義のようでいて面子にこだわり、犠牲を顧みず突っ張ることも。

今、核開発疑惑で攻め立てられているがむしろ疑惑をかけられること自体が存在感の表れと、弁明にはあまり熱心ではない。

長い歴史の中に何重にも重なった文化、自負、怨念、強がり・・・

暴言は吐くが繊細で自負心が強いイランの特質を著者は「つっぱり少年」に見立て、本当にぐれてしまわないようにするには周りの理解や付き合い方への配慮も必要だとも・・・

なんか、いく重もの思いが織り重なった国家の深層心理といったことを思わせる味わい深い一冊でした。(2010.10.15)
by c_mann3 | 2006-10-08 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(0)

◆ユーラシア胎動・・・

アメリカの一極支配の終わりが始まり、ユーロセントリズムの歴史観が揺らいでいる・・・などといった切り口で始まる壮大なスケールの本が出ています。題して「ユーラシア胎動」、堀江則雄著、岩波新書1247。

この本が語るユーラシアには西端の“ヨーロッパ半島”は含まず、それ以東のロシア、中東、中央アジア、インド、中国を含む広大な領域を指していて、それはかつてのモンゴール帝国の版図に近い。

ソ連邦崩壊の中からロシアが復活し中国が台頭するなかで中央アジアを含めた国々では紛争の元だった国境も次々と折り合いがつき友好関係が樹立されてきたが、その枠組みとなるのが上海協力機構。そしてその絆の証は国境を突き抜けて数千キロにわたって突き進む鉄道、高速道路、そして石油やガスのパイプライン・・・それはまさにシルクロードに重なるルートであり、その沿線に並ぶ国名の末尾がスタンで終わる国々が新たな要として浮上。

新たなる道を行き交う戦略物資はかつてのシルクに変わってエネルギー資源。そうした中でロシアは石油の埋蔵量が世界の14%で第二位、天然ガスは27%で第一位。
ソ連邦の時代、石油やガスはシベリア西端で生産されパイプラインも西にのみ向かっていた。だが今新たな油田やガス田がシベリアの中央やサハリンを含む東部で発見され、生産地もパイプラインの仕向け先もがどんどん東に向かって重心を移しつつある。

計画ではいくつもの方向から伸びるパイプラインが中国の沿岸部を目指しており当面は中国の激増する需要を満たすことになるが、併せて十年を待たずに日本の石油、LNGについてもその数割がサハリンや東シベリアからのものになるとのこと。

それにしても・・・行き詰まる西欧先進国を尻目にこうしたユーラシアの国々が千年の時を経て再び世界の主役になりそうな気配の中で、米国と対等になることばかりに気を取られている日本って、大丈夫なんでしょうか?(2010.6.18)
by c_mann3 | 2006-10-06 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(0)

  ・・・次は・・・

      次は「ユングと唯識」について・・・⇒⇒


by C_MANN3 | 2006-10-01 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(0)