「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

◆フロムの見たユングの宗教性

ユングは宗教に親和性があるといった言い回しで・・・ユングの宗教性がよく話題になります。ですが、これに真っ向から異を唱えるのがフロム。

フロムは著書「精神分析と宗教」でフロイトとフロムの宗教性を比較していて、要約すると・・・

“フロイトは宗教の持つ権威性とそれへの人々の依存を糾弾し、人は自身の理性と判断で真理を追及し、倫理を見極めるべきだといい、
ユングは宗教、およびそれを取り巻く人々の心をあるがままの心理学的現象として認め、あわせて無意識も同様ということで宗教的現象(事実)に高めて(祭り上げて)しまった。”
ということのようです。

さらにフロムは“フロイトは一見宗教に反対しているようで真に宗教的(求道的)。対してあるがままの宗教に寄り添ってしまうユングは・・・”ということで、“人は何を目指して生きていくべきか”に関する見解が正反対に異なるとの論調です。

・・・ということになるとユングの求める個性化とかの究極の姿は?ということが気になります。

フロムは国家であれ、宗教であれ、「権威性と依存性、その中での個人の理性」ということに極めて敏感な人であり、私自身、フロム的なものへの信奉も強いのですが・・・(2005.2.11)
by C_MANN3 | 2007-02-20 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(0)

◆ フロムとユング《続》

フロムを読んでいますと、単に宗教的とか、実はそうではないとかいったことではなく、すべてを説明し尽くして納得してしまうユング、対していったん何かを感じると絶対納得しない、命をかけても戦うフロム・・・といった構図が浮かび上がってきます。

ユングは自我を取り巻く一方に無意識や普遍的無意識、他方には意識と普遍的意識を配置し、その広大な空間を揺れ動く心を補償とかエナンティオドロミアということで説明し尽くして超然としている。しかもそれをエネルギーになぞらえ、まるで物理現象、自然現象のごとく淡々と展望する。

説明し、展望されてしまうことがそれを理解し、納得し、了解し、受け入れてしまう道につながっている・・・おそらくフロムにはこれが見過ごせない。

ヨーロッパや東アジアを襲う大洪水も原因はエルニーニョや北極圏を取り巻いて還流する何とか気流の蛇行が原因、シミュレーションにもぴったりあっており、やがて流れも変わると説明されるとなんとなくそうなんだ、しようがない自然現象なんだと納得してしまう怖さがあります。
しかし遠くにいて納得するのは勝手だが今濁流に流されている人に納得はない。やがて気流も変わるといわれても失われた命は戻らない・・・客観と主観の埋めがたい溝。

フロムは精神分析を社会病理のレベルで捕らえます。
ナチズムは元来社会的無意識層に社会の本質として存在していたものが、何かへの補償として出てきたもの。
だがそれもやがては再補償が働き消えていく・・・社会も歴史もダイナミックに揺れ動くエナンティオドロミアの世界、とまるで運動方程式を説明するごとく解説されても再補償が間に合わずに失われていった数百万の命はどうなる。
二度と起こらないようにこの病根は何世代かかっても根絶やしにしなければ・・・といった使命感。

こうしたフロムの姿勢には何かしら人を引き付けるものがあります。特に若いころ、まだ何かと戦っているつもりだったころは応援歌に近い受け止め方をしていました。

ですが疑問も残ります。

フロムは宗教を「人道主義的宗教」、「権威的宗教」に区分けしますが・・・

この区分けをするよりどころは何か、それが自身の理性と英知だということは、権威的な神を排した後、生まれる人道的神は、自分自身だということなのか・・・
だったら善も悪も相対化して、のめりこまないユングのほうが安全かも・・・

こんなことを気にするのはユングユングとのめりこみすぎることへの補償?  ・・・といって納得して終わらせるのがユング的で問題なのかも?

ところで、もうひとつ気になることですが・・・

フロムがフロイトと比較してユングを語るとき、事実的、論理的な骨組みはともかくその前後につく修飾句はどう見ても公平とは思えません。何か・・・許せない・・・といった激しささえ感じます。双方のファンとしては複雑な心境です。

“我、思うがゆえに我あり”、そうして考えることは“有るべき姿、真理はひとつ”といった西欧的理性のある種の正統派から見ると、それへの補償としてのユングの“東洋化”は許せないのかも。
でも一方で、フロムは禅ブッディズムなんかを盛んに(プラスサイドに)取り上げていますよね。もっとも禅は宗教ではなく「思弁哲学」そのものだからいいってことなのでしょうか・・・(2005.2.11)
by C_MANN3 | 2007-02-18 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(0)

◆ユングは語る。だが意図はない・・・?

フロムの見たユングといったことを書きながら、感じ始めた雑感なのですが・・・

ユングは心を取り巻く森羅万象を語りつくす。・・・ですが、良いとか、悪いとか、ねばならないとか、目指すとか・・・、もしかしたらユングにはそういった意図的なものは一切ないのかもしれない。・・・・突然そんな感じがし始めました。

自我が無意識を取り込む・・・それは、“人にはそういうことが起こりうる、その結果、進む人もあれば崩壊する人もいる”という人の心の現象を語っているだけで、だからお勧めとか、やめておけとか、あるいは自分自身が目指しているとか、避けているとかには言及しない。

人間は生得的に自己実現に向かう欲求と動機を持っており、それに向かって人間性を伸ばしていく存在であり、また目指すべきと明言する「第三勢力」や「発達論」の人たちとはやっぱり別物のようです。

東に行けば不思議な心理空間を持った人の住む国、東洋がある。天を仰げば神様が居て宗教があり、そこに人が寄りかかっている。何れも同じ遺伝子を持った人間、だとするとわれわれもそうした心の世界に迷い込むことはありうる、現に心の中にはそうしたものの素が潜んでいる。・・・
と語っているからといってユング自身が東洋にあこがれているとか、宗教を信仰しているといったわけではない。そうした心理の現象がありうるといっているだけで、その是非についてはフロムと違って興味はない。錬金術に至ってはなおさらでしょう。

現象を淡々と語り、それへの価値判断には引きずられない。これは考えてみればごく自然な科学者の態度。
なのに、そういうユングを宗教的とかオカルト的とか、自己実現を求める求道者とか思い込むのは読み手側の勝手な感情嫌悪とか感情移入なのかもしれない。

YAHOOのユングコーナーに及び腰ながらもメッセージを入れ始めたころの私は貧弱な知識に勝手な思い入れを織り交ぜたユング像をいだいてのスタートでしたが、s1208さんに導かれて書き込みを続けるうちに、ユングへの理解を深めることは、それにしがみつき、自分を合理化しやすく解釈する自分をユングから引き剥がすことと同義であると思うようになりました。

フロムの記事を書きながらさらにこうした思いが強くなりました。ですがたとえこんなことを書いてはみても、フラッと入った本屋では「自己実現と救いの心理学」といった副題のついたユングの本が並び、人をひきつけていることも確かなのですが・・・(2005.2.26)
by c_mann3 | 2007-02-16 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(0)

◆されどユング

ユングに意図はないなどと書きましたが・・・されどユング、淡々と心の中の森羅万象を表現しつくすユングには、納得することで救われていくと言った意味での不思議な魅力があります。もっともそうした受け止め方をするかどうかは、読み手側の気持ちの問題なのかもしれません。

昔から思うことですが、本来は相対的、相補的な森羅万象を全てを語りつくした完全な理論というものは、全体としての合成ベクトルがゼロとなり、人を動かすという意味ではエネルギーを失ってしまうようです。右もあり、左もありえて、その間を揺れ動くことはきわめて自然なこと・・・などといわれると道に迷い救いを求めて近づく読み手には答えになりませんよね。

語りつくして完全すぎる理論は人を冷静にさせたり、ほっとさせたり、途方にくれさせたりで結局のところ人の動きを止めてしまうようです。結局、全ては語らず若干の不完全さを残したとき、そのアンバランスのエネルギーが人を動かすのだと思います。そういう意味ではユングは完全系の理論家、フロムはアジテータといった感じです。

それでも「自己実現」を目指しつつ迷ったときに読むユングはかなり高度で良質な相談相手なんだと思います。ただこちら側にしっかりしたものがなく、頼る気持ちで問いかけるとがっかりということかも。

これって王さんが現役のころ、打てなかったり迷ったりしたとき、懇意の禅僧をたずねて(他人が見ると取りとめのない)時間をすごすことで吹っ切れて気持ちが立ち上がってくる・・・とよくいわれていたエピソードと同じようなものだと思います。
禅僧もまた、ああでもないしこうでもない、ああでもあるしこうでもあるとしか言わず、そんな問答をしつつ気持ちを固めて高めていくのはこちらサイドの仕事でかつ、王さんレベルのホテンシャルが前提ということですから・・・(2005.2.26)
 
by c_mann3 | 2007-02-14 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(9)

◆アドラーの不思議

ユングやフロイトの本で対比的に出てくるアドラーは決まって、フロイトの「快楽への意志」に対してアドラーの「力への意志」ということで・・・重視するコンプレックスでいうとエディプスコンプレックスに対して優越感ないし劣等感コンプレックスということになるんでしょうか。

若いころ、何回かこうした表現に出くわし、なんとなく権力志向の強いぎらぎらした心理学といったイメージを持ってしまい、それ以上近づこうとしなかったのですが・・・
今頃になって、アドラー系の人が書いたアドラー心理学の本を読んでみると??

話の力点が、育児や教育を通じての人類の救済とか、縦の人間関係は精神の健康を損なうので対等な横の関係が大事だとか、他者信頼、他者貢献、はては善への希求といった具合で・・・これってあの「力への意志」というフレーズとどう結びつくのって感じです。

もう少し色々読んでみないととは思っているのですが・・・“アドラー心理学創成期の主力メンバーはアドラー本人を除いてアウシュビッツで全滅し、いったん途絶えた”なんて話もあり、どこかでねじれ現象が起こったのか・・・「力への意志」とか劣等感コンプレックスといったものが巻き起こす心的ストレスへの補償として、あるいは表裏一体のものとして共同体感覚といった方向に転回が行われたのか???・・・(2005.2.17)
by C_MANN3 | 2007-02-12 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(0)

◆アドラーの不思議、勝手な想像

アドラーの心の中では“力への意志”から“育児や教育を通しての人類救済”への間にいかなる変化があったのでしょうか・・・

●フロイトと学説が対立したひとつはエディプ・スコンプレックス・・・これには自身が母親とは親密でなかったことからこの説の普遍性に疑問を持ったことも背景に・・・

●劣等感コンプレックス・・・器官劣等性の研究を含めた劣等感コンプレックスへの指向性は自身が幼いころくる病であったことも一因か・・・

●社会主義への期待がありその研究会で知り合ったライサと結婚。妻ライサはトロツキーとも交友があり社会主義を貫くがアドラーはロシア革命の現実を目の当たりにし、政治改革による人類の救済を断念・・・

・・・岸見一郎さんの「アドラー心理学入門」なんかを拾い読みするとこんな感じなんですが・・・以下はこうした断片的な情報からの勝手な想像です。

当初は個人的な経験も踏まえたコンプレックスへの言及といった形で心理学を“個人の心のうちの問題”として捉えていたのかもしれませんが・・・社会主義への期待といったものとの接点で心理学を個の問題というよりは周りの社会との関わりといった観点に広げていくことで・・・たとえばコンプレックスの解消は個の側の問題には違いないにしても、それをコンプレックスにしてしまう周りの視線を解消することも重要・・・といったことから育児、教育に期待をするようになったのでは・・・なんて気もします。

社会主義に限らず革命はいろんな人のいろんな思いを吸い寄せていきます。集う人の動機もさまざまであり、政権奪取、社会経済システムの転換に興味を持つ人や、革命プロセスのドラマに心を奪われる武闘派たちだけではなく、やさしさの通用する世界に向かって人の心の変革をもとめる人もまたその一員です。普通ならともには歩めなそうにない種々の人たちが時代の魔力に惹かれて力を結集し、血で血をあがない革命が成就・・・その祝宴の宴の中ですこしずつあらわになっていく一人一人の動機とその違いによる亀裂・・・

もしアドラーが「権力への意志」に重きを置く人であったなら成就した革命に失望し去っていくことは考えにくい。
革命は成功したが気がついてみると役者が変わっただけ・・・新たな顔ぶれが権力を振りかざし始め、これはどこかで見た風景・・・本当の革命、人の心の変革は別の道で再出発といったことだったのかどうか・・・
こうしてアドラーの心理学は育児、教育をよりどころに個の確立を目指して新天地アメリカで再出発したのかも・・・

彼の講演が専門用語を嫌う平易なものであったこと・・・これは学問を含めて権威、威圧を嫌うもの・・・その彼に「力への意志」のタイトルは似合わない・・・なんてことも思ったりします。

ところで全く違う話の余談なんですが・・・ここに出てくるトロツキー、この人の「永久革命論」というのは響きのいい言葉で、唯識の阿頼耶識を連想してしまいます。その心は・・・また機会があれば・・・(2005.2.17)
by C_MANN3 | 2007-02-10 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(0)

◆個人心理学とか個性化の「個」・・・

ここ何回かアドラーについての記事を続けていますが、・・・フラフラッとアドラー心理学の本を買って読んでいて、思わぬことを知りました。

アドラー心理学を個人心理学といいますよね。昔からあまりにもありきたりな名称に違和感を感じていたのですが、この個人心理学の「個」と、ユングの個性化の「個」が、individualとかindividuumとかを無理やり翻訳した同じ意味を持つものであり・・・individualのinは否定を表す接頭語・・・要するに「個」というのは“分けることのできない一体、一個のもの”ということらしいですね。

つい先日まで自己実現をユングが個性化というのに違和感を持っていたのが、林さんの解説でなるほどと納得した直後だったので・・・個の確立を目指すアドラー心理学を“個人心理学”と訳したいきさつがやっと納得できた感じです。

要するにこの翻訳語としての「個」というのは一人の人間として内的にも引き裂かれておらず自分が自分自身であるとの安定感があり、さらに外界とも一体感を持てる普遍性を兼ね備えた状態ということなんでしょうか。

誤解のないようにあっさり、“個心理学”とか“個化”とか訳してくれたほうがよかったのでは、と思ったり、それでは確かにますますとっつきにくくなりそうとも思ったり・・・とにかく思想を翻訳輸入するってことは大変なことですね。

サンスクリット語を音写、翻訳ない交ぜにして仏教を取り込んだ昔の中国でも、翻訳に苦労した三蔵法師だけでなく、それを受けて読んだり学んだりする立場の人も大変だったのかも・・・(2005.2.17)
by C_MANN3 | 2007-02-08 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(0)

  ・・・次は・・・

     ◆次は「三大宗教」について・・・⇒⇒


by C_MANN3 | 2007-02-01 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(0)