<   2007年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

◆◆「個性化」の迷路◆◆

林道義さんのホームページで「ユングの心的エネルギー論」を読ませていただき、すごく分りやすくてよかったこともあり林さんのユング入門書三部作に目を通しました。
おかげさまで“今頃になって何を言ってるんだ”といわれそうですが、ずっと気になっていた疑問がひとつ晴れました。

実は自我が無意識を取り込み統合化を図ることをユング心理学では「個性化」と言うようですが、この表現が今までどうもシックリなじめませんでした。
自我は本来、我を主張している分、個性化とはニュアンスが違うにしても強いて言えば個性的。だからこそ、普遍的無意識を含む無意識を取り入れていくことで「我」が抜け、透明で普遍的なものに近づいていく。それが自己実現とか、自己超越なんだと思っていた私にとっては「個性化」という表現は真反対に近いイメージでした。

ところが林さんによると・・・
自我はそれほど「我」を張れていない。最初はむしろ世間体、習慣、普遍的意識を色濃く反映してスタートするもの。それが四十歳ごろから自身に目覚め始め、補償としての無意識を取り込み始めることでやっと自我の「個性化」が始まる・・・ということのようです。

う~ん、そういうことか。人は我を張ってスタートし、四十にしてその至らなさが気になりだし、やっと世間を気にし始める・・・しかしそれは個性をオブラートで包み始めること・・・などと思っていた私の見当違いのようでした。
ひとつには勉強不足、もうひとつはユングをきれいに理解するためには、何よりもまず自分のひずみを考慮に入れなければ・・・と思った一幕でした。

ところで林さんは個性化の究極の姿は論語で言う“七十にして己の欲するところに従えども矩を越えず”の状態である・・・と。
実は私も期せずして究極の姿をこの論語と同じだと思ってきましたので、うれしい限りなのですが、四十代の云々は「個性化」だとしても、究極の“己の欲するところに従えども矩を越えず”というのはほとんど透明人間、やっぱり「自己超越」のほうが言葉としてはしっくり・・・などと、またまた我を張ってしまうと元の木阿弥なのかも・・・(2005.8.25)
by C_MANN3 | 2007-04-20 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(0)

◆アイデンティティ・・・その意味分布

「個性化」、「自己の確立」・・・この言葉、なんとなく「アイデンティティ」とも通じるような・・・でこの摩訶不思議な言葉への雑感です。

★まずはH14年度版(2003/2/19記)
ちょっと以前の話になりますが、カタカナ言葉の氾濫を何とかしたいと国立国語研究所が外来語の言い換え例を発表したようです。例えばインサイダーを内部者、インフォームド・コンセントを納得診療・・・・等々。
で、この審議の過程で当然のごとく「アイデンティティ」もまな板にのり、「自己同一性」「帰属意識」「自分らしさ」「よって立つ所」などと種々検討はしたものの、ぴったりとした日本語がないということで見送りになったようです。(朝日新聞H14.12.27天声人語)

私なんかはアイデンティティというとエリクソン、強いて訳せば自己同一性!ということて割り切ってきたのですが・・・確かにほとんど日常語として氾濫しているこの言葉の使われようを見ているとそんな単純なものでないことは確か・・・

ということでYAHOO検索でみてみると・・・「アイデンティティ」は、67300件。
で、この言葉を「アイデンティティ(つまり独自性)」といったように、それを補う日本語としてどういう単語が使われているかを思いつくままに以下の単語でAND検索すると・・・

①「差異」 4610件、「独自性」 1590件
②「帰属意識」 1040件
③「自分らしさ」 999件、「存在証明」 617件
⑤「自我同一性」 454件件
⑥「自己同一性」 869件

実際の使われ方としては、①の差異とか独自性が圧倒的に多い。マイノリティのアイデンティティ、企業のアイデンティティといった形で使われるこのタイプては、「自己同一性」なんて言葉とはもしかしたら対極にあるほどの距離がある・・・ここでは、同一性とか一体化とは逆に、“飲み込まれず”城壁を築き、城の頂上に旗をなびかせ“自己の存在”を主張するといったニュアンスが濃厚です。
②の帰属意識というのは①の城に入ることで何かにのみ込まれ埋没することを避けようということなんでしょうか・・・ですが、寄り添う城の中には埋没してしまうといった矛盾も感じます。

次いで多いのが③の自分らしさとか存在証明といったもの・・・そしてこれが⑤の自我同一性につながっていく。
この「自我同一性」、なんとなくフロイト的な感じがするのですが・・・要するに昨日の自我と今日の自我、右を向いた時の自我と左を向いた時の自我・・・場所、時間を越えて自分の自我が変わらないということのようで、“自我の安定性”と言った感じかも・・・

最後の⑥「自己同一性」、自己という単語があるために俄然ユングのにおいが立ち込める・・・単に自我が安定といったことを超え、普遍的無意識をも包含する広大な自己が“引き裂かれた自己”ではなく、つながり融合していて一体感がある・・・意識と無意識が一体化し、ペルソナも自己も変わらない・・・無論“自己”には普遍性があるため、他者とも一体感が持てる。ここでは“同一性”は“一体化”と同義といったことになるのでしょうか。

このアイデンティティという言葉、おそらくはユングの言う「個性化」と相当程度にオーバーラップするのだと思いますが・・・達成していくコースには微妙な違いがあるのかも。
ユングの個性化が、まずしっかりしたペルソナ的な自我を確立し、やがて無意識を取り込むことで自己の一体化を図っていくのだとすると・・・①から⑥に至るアイデンティティのコースでは、まず何ものにものみ込まれずツッパリ我を張り、存在を確保し自信をつけた上で、それまで距離を置いてきた自己や他者との融合を始め、ついには世界との一体化を果たすということなのかも。       

★続いてH15年度版:(2003/8/6記)
再度、アイデンティティです。“アイデンティティ、その意味分布”で国立国語研究所「外来語」委員会 がアイデンティティを日本語化しようという大それた企てをしているもののうまくいかない、といったことを紹介していましたが・・・
今日の新聞を見ていますと、何とその第2ラウンドに挑戦しているようですね。

“アイデンティティ”の国民理解度は23%、この数字はそんな感じかもしれませんね。で、お勧めの日本語が「自己認識」。ですが今回も異論続出、100以上の言い換え案が出て、今回もおそらく見送りになる見通しとのこと。
いくら何でも「自己認識」で、以上終りというわけにはいきませんよね。でもこんな単語を無理やり日本語化する必要があるんでしょうか・・・

委員会のホームページでは、ご意見募集もやっているとか・・・ん、言う気もしない?ごもっともです。(2005.8.25載)
by c_mann3 | 2007-04-18 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(0)

◆心理学は孫悟空?

自己実現について調べているとマズローの「欲求6段階説」という意外な表現に出くわしました。
えっ!マズローの欲求は5段階説だったんじゃないの、勝手な解釈をしているのは誰だ!と思いさらに調べていくと何と御本人が晩年、5段階目の「自己実現」の上に更に「自己超越」を追加したとのことでした。

ユング、フロイト、アドラー・・・心理学については、これだけいろんな人と理論がある中で何十年もしのぎを削っていますと、年齢を重ねるとともに少しずつ言いまわしも変えざるを得ないのかもしれませんね。

それにしても、こと、人を扱う理論は結局「自己実現」経由の「自己超越」で結ばないと納まりがつかないということなんでしょうか。
言うのは簡単ですが、実際の人生で実践しようとすると自己実現でさえ追っかけても追っかけても掴めない蜃気楼。遠くばかりを見て追っかけていると、足元を踏み外し元も子もなくなる危険さえあるというのにさらにその上に自己超越とは。

もっとも、ものは考えようで、自己超越には何となく“諦めによる自己放棄”といったニュアンスも無くはないですよね。だったら自己実現は未完のまま、その諦めで自己超越に至るのも手かなと。それでよければ既に少しずつそんな感じになりつつある私です。

ところで話は変わりますが、自己実現とか自己超越という言葉は何となく“輪廻の世界でのた打ち回り、苦行の末、ついに悟りを開いて涅槃に至る”というフレーズと似たところがありますよね。
もしかしたら自己実現とか自己超越を目指すタイプの心理学はお釈迦様の手のひらの上をきんとん雲に乗って飛びまわっている孫悟空・・・いろいろのた打ち回り「思えば遠くへ来たもんだ」などと感傷にふけっていたとしても、所詮はまだまだお釈迦様の手のひらの上ということかもしれません。(2005.8.25)
by C_MANN3 | 2007-04-16 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(0)

◆「適応 VS 自己実現」・・・

自己実現と適応・・・本来この二つはとりたてて相反するものではないはずなのですが・・・

初めて社会に出てまだ多感だったころ、マズローの欲求五段階説に接したとき、「自己実現」には飛びつきましたが、「社会適応」にはなぜか反応しませんでした。
この五段階説はご承知のように、①生存⇒②安全⇒③集団への所属⇒④評価承認⇒⑤自己実現・・・と欲求のレベルを高めていくというもの。

③は社会適応と読み替えてもいいとすると・・・社会に出て初めて組織に属した状況では③の集団や社会への適応が自然な選択。しかもこの五段階説が順次段階を経て発達していく段階説であったとしたら、途中をすっ飛ばしていきなり最終段階をキャッチするのも変。ですが・・・そうなってしまいました。

二十代の私に一体何があったのかはともかくとして・・・社会に出て周りを見渡し、「こんな周りに適応し、飲み込まれてそれで終わりでたまるものか」と突っ張っていたころ出会ったのが「自己実現」で、一も二もなく飛びついてしまったのかもしれません。

それからいろんなことがあり、自己実現は一歩間違うと危険なイバラの道と思うことも何度かありましたが軌道修正などとは全く思わずに歩んだ数十年。
やがて子を持つ親となり、学生となった娘がレポートのネタにと読んでいる生涯発達論とやらの本を横から目を通したときにも、既に四十代の後半になっていたにもかかわらず、「エリクソンのアイデンティティ」にはそうだそうだと思い、「ハヴィガーストの子供は子供らしく、結婚すると夫らしく、世に出ると社会人らしく・・・それが人間の発達過程だ」などという意見には年甲斐もなく冗談じゃない!と思っていた私でした。

そして五十代も後半となったいま・・・ここにきてやっと・・・思いがすこし怪しくなってきました。
自己実現を目指したおかげで得られた若干の何がしかはあるにしても適応に不熱心であったために身につかなかった数々のもの・・・。一方で人様を見ていると、人生の次々と現れるステージに淡々と適応し続けトータリティーを身につけていくすごさ・・・

それに追い討ちをかけるようにいろいろな話が気になりだします。

・例によってYAHOO掲示板のユングコーナーでS1208さんに教えていただいた話で、なんと岸田秀さんが・・・「自己実現」という思想は逃避、自己欺瞞であり「真の自己」など求めるのは先祖が隠してくれたはずの財宝を探す様なものでそのために費用も使いほかの収入もなく生涯を終わってしまう、うさんくさい言葉だと言っているとか・・・

・そうかと思うと一橋大教授の沼上幹さんには著書▼「組織戦略の考え方」の中で・・・マズローの欲求五段階説を信じるのは勝手だが、むやみに五段階目の「自己実現」を組織に持ち込むのは無責任と切り捨てられ・・・どうも自己実現は分が悪い。(2005.11.10)
by c_mann3 | 2007-04-14 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(0)

◆自己実現の両義性

自己実現・・・これは魔力的な言葉。この言葉に接したとき危険を感じて距離を置く人、魅力を感じて吸い寄せられる人・・・この言葉は人の心の奥底を測るリトマス試験紙のようなものなのかもしれません。

ですが、自己実現で目指すものはいろいろ・・・そして自己実現を目指す動機もいろいろなのかもしれません。

その動機のひとつ・・・
人は多かれ少なかれ「状況や周囲との不適応」に悩んでいます。適応がゴールと言われた時の圧迫感に比べて、今の適応よりも生涯の自己実現への希求には、現在の行き詰まりを抱えたままでも明日を目指せるかもしれない安堵感があります。・・・しかもここに「個を超えた普遍的無意識」の存在を示すユングが顔を出し始めると、自我が社会との一体化(適応)とは別の方向・・・すなわち個を超えてとてつもなく大きなものとの一体化しうるという、ほとんど宗教と見まがう世界に包み込まれてしまう・・・これが岸田秀さんには逃避、自己欺瞞と映るのかもしれません。

もっともユングの個性化のプロセスはまずはしっかりとしたペルソナを身に付けて周りに適応し、やがて自己との一体化を図っていくというもの・・・適応は切り捨てたり避けたりするものではなく包含して行くものと考えるべき。となるとユングを持ち出して都合よく自己実現論を正当化することには無理があるのかもしれません。

こんなことを悶々と考えていたところ・・・自己実現について展望した不思議な論文を発見しました。題して「心理学的自己実現論の系譜と宗教」、堀江宗正さんの論文ですが、フロイト、ユング、フロム、マズロー、エリクソン・・・数々の心理学者の自己実現に対する立場の違いといったものが展望されています。

http://homepage1.nifty.com/norick/jikojitsugenron.html

・・・すみません。この記事、ちょっと支離滅裂のようで・・・いずれ書き直させていただきます。(2005.11.10)
by c_mann3 | 2007-04-12 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(0)

◆ところでハヴィガースト・・・

娘のテキストを覗いていて、初めて“ハヴィカーストの発達論”に接し、その瞬間にジョーダンじゃない!と、妙にむかついたハヴィガースト。
子供時代は子供らしく、学生時代は学生らしく、やがては愛する人にめぐり会いよき夫、よき父親となり、その年代年代の社会に溶け込み尊敬され、平和な時代にあっては平和に、それでいて戦争が始まれば進んで賛同する・・・それがあるべき発達過程なんだと・・・

これと妙にダブって思い浮かぶイメージなんですが・・・どこかの生命保険会社のテレビコマーシャルで幸せを絵に書いたような家族の日常が出てくることがありますよね。若かりしころはさわやか青年の代表格だったひとが、壮年期にはちゃんとよくできた夫、父親の風景で画面に登場し人に不思議な安らぎや憧れを感じさせる・・・でもできすぎいて、何か変。で、リアリティがないなんていうと“ひがみ”とか“コンプレックス”とかいって片付けらける。
まっ、私なんかがどう思おうとも、この人はきっと後10年もするとどこかの木陰でベンチに座り、走り回る孫を眺めながら微笑んでいる老夫婦って形でCMに出てくるんでしょうね。


実はハヴィガーストには後日談が・・・あるとき偶然発見した下記の論文を読んだとき、なぜか第一印象でハヴィガーストに冗談じゃない!と思った理由が少し解ったような気がしました。

題して「自我・認識構造の発達と社会教育~Piaget構造主義をめぐって」 、『東京大学教育学部紀要』から津田英二さんの論文です。

http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Labo/2877/95gakubu.html

この論文でも紹介されていますが、結局のところハヴィガーストの発達論はアメリカ中産階級の価値観とライフスタイルをベースにした自己正当化の体系・・・この“望ましい”パターンに適応し続けることが高い発達段階にある人の査証ということのようで・・・
これを価値体系も条件もさまざまな他の階層や文化圏に対してまで押し付けられると・・・やっぱり“冗談じゃない”と思うのはやもうえない。

飛躍が過ぎるのかもしれませんが・・・最近ではこうしたハヴィガースト的な路線を歩む人たちに、なぜかブッシュを後押ししイラクへの侵攻を聖戦と信じて挑む福音派原理主義の人たちやネオコンのイメージがオーバーラップしてしまいます。

何かを切り捨てて突き進む自己実現には問題があるとしても・・・社会への適応と賛同に重きをおき、“同じことを信じて同じところに集い、自身の価値観を他者に強要する”路線にも危ういものを感じてしまうのは、考えすぎってことなんでしょうか。(2005.11.10)
by c_mann3 | 2007-04-10 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(0)

◆人は変われる・・・か?

この記事のいくつか上の辺りから・・・「適応 VS 自己実現」、「エリクソン VS ハヴィガースト」といったことを話題にしてきましたが、実はそれ以前に“人は変われるものなのか?”が問題。
そんな中でずばり、「人は変われる」と題した本が出ています。高橋和巳著、三五館。


著者の高橋さんは自己実現を目指して「人は変われる」と・・・
ユングで言うなら「変容」、仏教なら「解脱」、セミなら「脱皮」、ひよこなら「孵化」。人も元来変わる力を備えているはずなんですよね。それが新しい状況への適応であれ、自己の確立につながるものであれ、人は要所要所で何回も変わりつつ進化、前進していくはずのもの・・・

ところが変われないんですよね。変われない、変わりたくない自分がいて・・・思うようにはいかない。
神の摂理のままに生きているセミがいとも簡単に一夜にして脱皮するのに、人にはそれができない。
変わるために苦痛が伴ったり、何かを捨てる必要がある場合は特に困難。それよりなにより・・・「なぜ私が変わらなきゃならないの・・・今のままでどうしていけないの」と思ったり、訴えたり・・・居座りの気持ちからの脱却ができない。

ですが・・・一方において一夜にして変身したり、じっくり時間をかけて生まれ変わったりする人がいることも確か。この本ではそうした“人が変わったり変れなかったりするプロセス”を解説してくれているのですが、読みやすくてなかなか味わいのある本です。


この本によると・・・今までのいろんな発達心理学は大人になるためのプロセスを取り扱ったものが多かった。それはほぼ30才ぐらいまでをかけて身に着ける大人の感覚・・・効率よく生きていくために必要なその社会での共通認識であり、踏み外しがたい客観の世界。
でもその感覚で残りの人生を生き始めてみると何かとうまくいかず、ストレスも発生する・・・そして「何とかしなければ・・・」と思い込むことがさらにストレスを増大させていると。

そうした中で客観の世界に生きようとしていた自分自身の奥底から主観としての思いがわきあがってくる・・・
悶々とした絶望の中である日、「何とかしなければ・・・」といった心境から、「どうしようもない、まっ、それも仕方がないか」へと相転移する瞬間が訪れる。

それは客観的な大人の解釈から、主観を取り入れた“新しい解釈”への転換なのですが、こうした転換を積み重ねることで一生をかけて新しい自分と遭遇し自己実現していくものなのだ・・・といったことのようです。

この本ではマズローの欲求五段階説の五段目である「自己実現」を人生の後半で追求するモデルとしていることもあり、ユングについては言及がないのですが・・・読んでいると妙にユングのイメージにも重なってくるんですよね。

“大人になるために身に着ける客観の世界”といった言い回しはユングのペルソナを思わせますし、“絶望を経て主観と遭遇し相転移にいたる”といった表現はユング風に言うと“退行の果てに自己との融和を果たして変容を遂げる”ということになるのかもしれません。

とはいうものの踏み外すことのできない客観の世界や避けられない運命にどう取り組むかということになるのですが・・・客観も運命もそれとの関わり方や受け止め方は主観によるもの。主観のありようで運命さえ変わる・・・そしてそのためには客観の言葉による再解釈、再理解が必要ということのようです。

ところで“客観の言葉による再解釈”とは客観への認知プロセスを変えていくこと・・・となると「▼今風の認知行動療法」などの世界をも連想させるものがありますが・・・そういえはこの本の著者は脳科学の研究者でありながら精神医学の臨床医でもある方なんですよね。(2009.12.26)
by c_mann3 | 2007-04-08 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(0)

◆で、私は変わったか・・・MTBI

人は本当に変わるものなのか・・・などといったことが気になっている中で、YAHOO掲示板で心理テスト、MBTIが話題になったことがありました。

初めて聞く言葉だったので早速ネットであちらこちらをしらべていると・・・MBTIはユングのタイプ論をベースにした性格分析だとのことで、以下の四つ尺度でその人の指向性を見るもののようです。

  ①外向性(E) か内向性(I)か
  ②感覚重視(S)か直観重視(N)か
  ③思考重視(T)か感情重視(F)か
  ④判断的態度(J)か知覚的態度(P)か

ネット上での診断のサイトもいくつかあったため、思わず試してみることに・・・
72個の質問にYes/Noで答えていくものだったのですが、それによると私は、INFPタイプだとか。
解説を読むとさすが、ぴったりそのまま見透かされていました。とりわけ”感覚/直感”の尺度のところが強度の”直感”タイプ。
でも私は周りからはそうは思われていないんですよね。理屈っぽいとか理詰めなどと・・・でもそれがまた面白い。

MTBIは個人をタイプに分類したり、性格を診断したりすることが目的ではありません!と、書いてありそのとおりなんでしょうが、ついおもしろくなって娘に話すと「じゃあ私も」と・・・結果は、見掛けが違うようでも親子って似てるものなのですね。


◆ところが何と40年まえのMTBIが・・・!

その後、このMBTIでとんでもないものを発見。INFPという記号列がどこかで見覚えがあった気がして・・・家の中の古い書類を引っ掻き回していると案の定、とんでもないものが出てきました。
40年前、私が新入社員だったころ、会社で受けさせられた心理テストもどうやらMBTIだったようです。ということはのテスト、40年以上の昔からあったってことなんですよね。

さらに驚いたのですが、そのときの結果がINTP、今回がINFP。
タイプは変わらないんですね、と考えるべきなのか、サラリーマンを40年もやっていて同じタイプを維持し続けた変容の無さを反省すべきなのか・・・
確かに振り返ってみるとどういうわけか、あまり自分がサラリーマンだとか、組織の一員なのだといったことを意識せずにすごしてきたような気もします。

でも40年前のINFPはどれも得点が壁に張り付いた極端なものだったんですよね。それが今回はN(直感)は相変わらず極端ですが、後はかなり中庸のラインに近づき、T(思考重視)に至っては若干ですが、F(感情重視)側に反転している。

サラリーマンの自覚が希薄だったとはいえ、それなりにいろんなことで諦めと執着の間を揺れ動きながら生き抜いてきたこの40年間、突っ張っていた昔に比べると多少は丸くなり、変容を遂げてきたということなのでしょうか。(2009.12.26)
by c_mann3 | 2007-04-06 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(0)

  ・・・次は・・・

      ◆次は「フロムとユング」について・・・⇒⇒


by C_MANN3 | 2007-04-01 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(0)