<   2015年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

◇なぜ豊かな国と貧しい国が生まれたのか

◆なぜ豊かな国と貧しい国が生まれたのか H28/7読

ロバート・C・アレン著、NTT出版、2016年の刊。
この本の原題は“グローバル・エコノミック・ヒストリー”、それは歴史の事象を西欧中心史観や一国史観から脱却した視点で見直すことで新たな歴史観を得ることにあると。この本ではその中の争点の一つ、イギリスの産業革命とそれに続いた一連の国々の経済成長の様子が、成功の一般モデルの模索と共に分析されていて味わい深い一冊となっています。
イギリスの産業革命、それは到達した結果がドラスティックなものであったため、後に産業革命とよばれるようになったものではあるが、近年の新たな視点で資料の掘り起こし当時の社会状況や経済成長率の推定を重ねていくと、その実態はもっと緩やかで長期にわたる変化であった。長いプレ工業化社会を経て、技術的にも大発明というよりは職人的な技術改良を積み上げて段階的に工業化が進展したものであり、経済成長率も2%程度の穏やかなもの。
だがその到達点が他国に対して圧倒的に優位な地位であったために、他の周辺国は一斉にその後を追い始める。まずはドイツとアメリカが成功し、続いて帝政ロシアと明治期の日本が一定の成功を収めるに至る。だがその道筋は先行するイギリスの答えを見た上でのキャッチアップ型の産業化であり、機械や技術を導入し制度をまねても条件が整わない国では成功には繋がらなかった。
そこでこの成功、不成功の分析から導き出されたのが以下のキャッチアップの標準モデル。
①内国関税の廃止、インフラ建設、国内市場の統一
②幼稚産業の保護と対外関税の創設
③通貨の安定と産業資金供給の銀行設立
④工業労働者育成のための普通教育の普及
そして戦後にこのモデルをさらに徹底した経済成長のモデルが誕生した。それは“ビッグプッシュ型”の近代産業化であり、旧ソ連と日本がこの典型として年率6%を超える成長を五年、十年と続け、世界の先進工業国に躍り出ることとなった。
だがそれにも限界はあった。キャッチアップ型では、キャッチアップを成し遂げもはや目の前に追従するモデルが無くなってしまうと、後は自力で独自に成長のスタイルを模索することになるが、キャッチアップ後は世界の技術フロンティア拡大スピードに合わせた成長できない。そしてそれはせいぜい年率1~2%なのだと・・・
ビッグプッシュ型の特徴は、イギリスが民間活力による自然発生的な模索過程であったのに対して徹底して官主導であること。官が指導モデルを見失い民間の活力に身をゆだねはじめると、その成長率はかつてのイギリスの産業革命時代のそれに回帰してしまうということなのかもしれませんね。
ですがそれよりも気掛かりなのはこれからキャッチアップしようとする国々。先進国がグローバルスタンダード―押し付けてくる現代にあっては四つの条件の、特に②などは確保することが難しそうな気がします。
by C_MANN3 | 2015-12-31 12:00 |  ・・・風にまかせて・・・ | Comments(0)

◇ブレイクアウト・ネーションズ

【2017/3月読】◆ブレイクアウト・ネーションズ

ルチル・シャルマ著、早川書房、2013年の刊。今年の正月の1/3に放映されたBS1スペシャル「欲望の資本主義2017」は味わい深い番組でした。エマニュエル・トッド を始めそうそうたるメンバーのインタビューで構成されていたのですが、その中でとりわけ印象に残ったのがルチル・シャルマとトーマス・セドラチェクの対談でした。

そんなタイミングで友人に勧められたこともあり手にしたのがこの本なのですが、ルチル・シャルマはモルガン・スタンレー・インベストメントマネージメントの チーフストラテジストで新興国への投資を専門としているとのこと。
よく言われるBRICsの時代だとか次はアフリカがフロンティアだとかいうおしなべた見方や、10年20年先といった長期の見通しでなどで投資はできない。個々の国の今を肌で感じることが肝心と、この15年間1ヶ月のうち1週間はどこかの国に出かけていてその対象国は新興国、フロンティア諸国と全世界にわたっている。この本はそうした投資家の目利きで次にブレイクアウトする国はどこかと分析してくれている本であり、日頃はあまり耳にする機会のないアフリカ、南米、東欧圏、アジア諸国といった世界中の国々の社会・政治・経済の状況が軽妙な語り口で解説されていき、読み始めると目が離せなくなります。

結果として期待が持てるのは2011年のお見立てとして韓国、チェコ、トルコ、中国等、逆に冷ややかな印象をお持ちなのはロシア、ベトナム、サウジ等。そしてその解説として個々の国を見立てる際の著者の目の付け所を繋ぎ合わせていくと、なにやら新興国やフロンティア諸国がブレイクアウトしていくための条件といったものが薄っすらと浮かび上がってくる気がするのですが・・・一国の経済はそうした法則めいたものだけで動くわけではなく、それにトップやエリート層の資質、さらには政変、他国の変動の余波といった個々の事情が重なって思わぬ様相を見せるものでもあり、3年先、5年先に何が起こるかはだれにも分からないとも。とにかく面白いお勧めの一冊です。
by C_MANN3 | 2015-12-31 00:00 |  ・・・風にまかせて・・・ | Comments(0)

◇問題は英国ではない、EUなのだ

【2016/12読】 この本は英国がEU離脱を決定し、米国ではトランプ旋風が巻き起こる中で出版されたエマニュエル・トッドの新著です。題して「問題は英国ではない、EUなのだ」。エマニュエル・トッド著、文春新書1093、2016年の刊。

EU離脱については既にそれを予見していた著者にとって当然の帰結であり、強引に推し進められるグローバリゼーションに疲弊する世界の中で巻き起こったネイションへの回帰なのだと。
今回の英国のEU離脱、そして米国のトランプ旋風・・・それは世界中をグローバリゼーションの渦に巻きこみ込んだ火元の国でさえもが、人・物・金の見境のない流動による弊害が耐え難い状況に至ったことを示している。
そうしたこともあり今回EU離脱に至った要因については移民の急増や経済格差が言われているが、実はもっと重要な動機は英国議会のEUから主権を回復することにあったことが投票の出口調査からもうかがえ、それは英国が世界に先駆けて"近代”の扉を開いた“名誉革命”へ回帰とでも呼ぶべきものであると・・・

EU離脱を決めた英国はいま戸惑っているようにも見え、次は連合王国の分裂かともいわれているが、そんなことにはならず、時間はかかるかもしれないが広大な英語圏諸国との絆を深める中で英国は再び確固たる地位を再構築するに違いない。

では一方のEUはどうなるか・・・超国家を目指して突き進んできたEUは益々構成国の国家主権の垣根を低くしEUとしての官僚組織を肥大化させる傾向にあるが、そうした中で経済政策、移民政策等で益々理想主義を貫こうとするドイツに対して、今までは仏・英が歯止めの役割を果たす微妙なパワーバランスの上に成り立っていた。
だが今後は英国の援護射撃を失ったフランスがドイツの歯止めとなることは難しく、おそらくは益々ドイツ色の強いものとなる。そこでドイツが理性的にふるまわなければあちらこちらで超保守が台頭し、構成国のネイション回帰が始まり分裂する可能性もある・・・というのがトッドさんのお見立てのようです。

ところで著者のE.トッドさんは歴史人口学者で家族人類学者。この本の後半ではご自身の血筋やキャリアの中で一連の著作を世に問うに至った思索変遷の経緯が回顧され、併せて人口学や家族の形態比較の視点から見た歴史の様相が解説されていきます。

外婚制共同体家族を基盤とする国家とかつての共産圏は分布が重なる。ベトナムは共産主義化したがとなりのタイは母方同居を伴う核家族をベースにした社会だったために共産主義には染まらなかった。その共産圏が崩壊した際も核家族型のポーランドや直径家族型のチェコはスムーズに共産主義を脱したが、中国やロシアは今後も尾を引きずると。また直系家族の社会は国家機能を内包しているがゆえにとりたてて国家を必要としないとか、核家族の社会は個人主義を発達させるが実は個人主義ではみ出したものを補完するためにかえって確固たる国家を必要とする、はたまた内婚制共同体家族のアラブではもともと国家形成が困難なのだ等々・・・

そしてこうした見方の延長線として2030年代の世界を展望する章へと続くのですが、読み進めるうちにこれからもE.トッドさんの予見が現実のものとなる場面は種々出てきそうな気がし始める貴重な一冊でした。
by C_MANN3 | 2015-12-30 00:00 |  ・・・風にまかせて・・・ | Comments(0)

◇資本主義の終焉と歴史の危機

◆資本主義の終焉と歴史の危機 H29/1読

水野和夫著、集英社新書0732、2014年の刊。ただ事ならぬタイトルの本ですが、日々のニュースに現れる事変や相場に一喜一憂していては見えない歴史の本質を400年スパンの金利の変化でひも解いてくれていて、しかも不気味な説得力がみなぎっている本です。

この本によると・・・資本主義は(国や地域、産業分野といった)中心と周辺から構成され、中心が利潤率を高めて資本の自己増殖を推進するシステムであり、それが機能し続けるためには常に新たな周辺の確保が必要。
大航海時代にはじまり空間としての周辺を広げてはきたが、途上国が成長し新興国になれば更なる周辺が必要。だが21世紀を迎えた今、もはや地球上に新たな実空間としての周辺は見当たらない。
資本主義の始まりはフィレンツェで利子が容認されるようになった12~3世紀と見ることができるが、以来利子率の長期低迷が続くとその都度新たな周辺が切り開かれてきた。

投資先である周辺を失えば金利はおのずと下がる。そうした歴史の中でもっとも最近の1990年代の利子率低下時代を突破するために生み出された新たな空間がグローバルでバーチャルなな電子・金融空間であったが、それは必然的にバブル生成と崩壊を繰り返す性質のものであった。
そして崩壊の度にバブルをあおった側の巨大金融機関は公的資金で救済される一方で、一国の中では中間層がローン破綻やリストラにあい貧困層に転落、国家のレベルでは債務破綻国が生みだされて格差を広げていく。気が付けば遠くの地に求めるはずであった周辺が、中心であるはずの国や地域の内部に形成されつつあり、それがたとえば日本では非正規社員層の出現であり、EUではギリシャ問題である。

資本が利潤を生む空間を失えば資本主義は行き詰る。そしてそれが格差の拡大や中間層の崩壊を伴うものであれば民主主義に基づく国民国家の基盤も失う。資本主義の終焉とは近代の終わりであり、西欧史の終わりでもある。
金利の長期低下は資本主義終焉のバロメータであるが、そうした中で日本が世界に先駆けて到達したせっかくのゼロ金利、ゼロ成長、ゼロインフレ。このアドバンテージを利用して日本は“定常状態、脱成長という成長”を模索して歴史の危機に立ち向かうべきなのだが、それにう抗い成長路線に先祖がえりしようとすることは沈没を早めるだけなのだと・・・
ではこの危機を乗り越えソフトランディングする新たな処方箋とは何か、実は著者ご自身も明確な答えは持ち合わせていないとのことなのですが、この本の構図を念頭に置いておくといま世界で巻き起こっている現象が理解しやすくなることは確かです。
by C_MANN3 | 2015-12-29 12:00 |  ・・・風にまかせて・・・ | Comments(0)

◆歴史の終わり・・・ 

◆歴史の終わり 上・下 H27/11再読

フランシス・フクヤマ著、三笠書房、1992年刊。この本のサブタイトルは"歴史の終点に立つ最後の人間"、この方が英語版の原題には近いのですが、“自由主義や市場経済が人類がつかんだ最終の形態”といったことが書かれていて、それがソ連邦崩壊と時を同じくして出されたために自由主義陣営の勝利宣言といった受け止められ方で評判となった本。
ですがよく読むと、自由主義や市場経済は人類がやっと手にした“よりましな形態”には違いないが、その歴史の執着点ともいえる世界で、そこに生きる我々は本当にそれを安定した世界として維持できるのか?といった懸念が主題のよう。

有史以来歴史を動かしてきたものは人の「優越願望」、そしてそれとは矛盾する「平等願望」とその実現に向かて突き進むエネルギーとしての「気概」。まずは「優越願望」がぶつかり合い、幾多の戦いを繰り広げて“君主と奴隷から成る専制国家”を再生産してきた。そうした中でしいたげられた人たちの間から「平等願望」の動きが芽生え、いくつかの革命を経て人類は自由民主主義の社会システムを手に入れたはずであった。だが同じ「平等願望」を起点としていながら世界は共産主義社会と自由主義社会という2つの形態に分かれてさらに「優越願望」を競う羽目に。ところがその片側の共産主義世界が突然内部崩壊してしまったために、自由主義、市場経済のシステムがファイナルアンサーとして残ることに・・・

だがこうしてついに「平等願望」が達成された社会でも、人の心には「優越願望」やそれを求める「気概」は残っている。それをうまく昇華させないと歴史の終わりはたちまち新たな抗争の歴史の始まりとなり、繰り返されかねない・・・で著者は“最後の人間”のモデルとして戦国の時代を経た後、一転して数百年の平和な時代を維持した江戸時代の日本人の生き方に期待を寄せるといった記載も。
ともあれこの本は20年を経た今日でも何かあると蒸し返して議論されるようで、その都度著者のハヤカワさんからは新たなメッセージが・・・そのうちのいくつかを下記のリンクに。
   http://www.nikkei.com/article/DGXZZO81529260T00C15A1000000/
   http://jp.wsj.com/articles/SB10001424052702304826804579617641333732478
by C_MANN3 | 2015-12-29 00:00 |  ・・・風にまかせて・・・ | Comments(0)

◆100分で「平和論」・・・

【2016.1.3】 荒れ狂うIS、溢れる難民、拡散するテロ・・・騒然とした世界情勢の中で迎えた新年、そんな中で今年のNHK「100分de名著」の新春スペシャルはなんと「平和論」。昨年のスペシャル「日本人論」と同じく、今年も味わい深い番組でした。

今年取り上げられた名著は、斎藤環さんによるフロイトの 「人はなぜ戦争をするのか」、水野和夫さんによるブローデルの 「地中海」、田中優子さんによる井原西鶴の 「日本永代蔵」、そして高橋源一郎さんによるヴォルテールの 「寛容論」。

▼まずは“戦争と平和”について・・・フロイトによると人の心の奥底には生への欲動と死への欲動があり、この死への欲望が外に向かって発動されると暴力や戦争が起こってしまう。それは人の本質に起因するものであるから、これからも完全に抑え込むことは簡単ではないと・・・そもそも現実には個人のレベルでの暴力がその上位の法による暴力で抑え込むしかないように、国家間の戦争も超国家による武力の監視が必要となるが、武力を持たない国際連盟や国際連合では十分な抑止力とはなりえないことは歴史や目の前の現実が示しているところだと。
本来はもう一方の生への欲動に根差す「連帯感」が死への欲動への押さえになればよいのだが、これも1回転ねじれると内輪の過剰な連帯が死をも辞さない他者への攻撃に転じかねない危険をはらんでいる。
では一体何に期待をすればいいのか・・・取りあえずこの場の斎藤さんによる締めでは文化の発達と対話(ダイアローグ)に期待ということに、そしてこの番組の構成としては、その一つの道筋が文化や叡智に支えられたヴォルテールの 「寛容論」ということなのでしょうか。
それにしても齋藤環さんにダイアローグとルビを振った“対話”に期待と話を締められると思わず齋藤さんの近著「オープンダイアローグとは何か」を思い出してしまってにんまり苦笑・・・

▼さて続いてもう一つの話題は“経済と平和”・・・ブローデルの 「地中海」が紹介され、一旦は国の繁栄を導く資本主義もやがて一国の経済が飽和状態を迎えると、資本は更なる利潤を求めてグローバル化を目指し、やがては国内外をとんでもない状態に追い込んでいくのだと。それを避け、安定した経済的平和を持続させるには、成長を求めず、地域に根差した多様な価値観に基づく抑制的な経済活動が望まれると・・・で、そんな世界が本当にあり得るのかといった話から、独自の経済倫理に支えられ250年の安泰を見た江戸文化、井原西鶴の 「日本永代蔵」の世界が一つのモデルだということに・・・

実はこの話の流れを聞いていて思い浮かべてしまったのが・・・フランシス・フクヤマさんの「歴史の終わり」。紛争の動因にフロイトが生と死の欲動に持ち出すのに対してフクヤマさんは優越願望と平等願望を、そして歴史を安定させる究極のモデルとしては同じく日本の江戸時代を持ち出しているんですよね。こんな風にあちらこちらで持ち上げられる江戸時代というのは、私達ももう少し勉強した方がいいのでしょうか。
そしてこの番組を見てぜひとも目を通してみたいと思った「地中海」なのですが・・・これは何と5冊から成る大著、まずは一冊にまとめられた解説本もありそうなので、そのあたりから取り組むのが無難なのかも・・・

     なおこの番組の公式紹介ページがこちらに・・・
     http://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/2016special/

⇒⇒新着記事渡り歩き⇒⇒

by C_MANN3 | 2015-12-26 00:00 |  ・・・風にまかせて・・・ | Comments(0)

◆「ユーロ」、危機の中の統一通貨・・・

[2010.12.23掲載] ギリシャやアイルランドの財政危機が言われる中、一冊の本が出ています。題して「ユーロ」、副題が“危機の中の統一通貨”、田中素香著の岩波新書1282。

国家主権を尊重し、従って性善説にたった最低限度のルールと制度で統一通貨を擁しているEU。
そのため舵取りは難しく、たとえば統一通貨で統一公定歩合の制度下ではデフレ懸念のドイツを気遣い低めの金利を設定すると物価上昇率の高い南欧諸国では実質マイナス金利となってさらにバブルを誘発する。かといって地域間格差是正の政策や緊急危機対応の融資は国家間の調整に手間取り遅れ気味となる・・・

そんな中、リーマンショックの余波がやっと収まりかけたところで出てきた放漫経営国家ギリシャの財政危機でユーロは危機に瀕していて、学者や評論家からは統一国家無き統一通貨の当然の帰結でありユーロを分断し為替調整機能を復活させるしか出口は無いとの意見も出始めている。

だがこの本の著者は言う。ドイツが飛び出せばマルクは急騰し輸出競争力を失い、南欧が分離すれば通貨は下落し国丸ごとが投機資本の餌食になる。それがわかっているメンバー国は一国として分離を考えている国など無い。

EUはそんな柔な連合体ではない。この数十年間、危機があるたびに結束を強め制度を見直し今に至っている。今回の危機をきっかけにさらに新たな国家財政危機への対応や地域間格差解消の仕組みを身につけるならEUは更に確固たるEUになっていく(そういえば先日、EU版IMFの設立が合意)・・・
そしてロシアや中国が台頭し益々利害の対立があらわになる中ではEUのまとまりは益々重要なのだとも。

ユーロの仕組みや金融危機解説の章は難解ですが、無理やり読み進めるうちに著者の熱気が伝わってくるEU賛歌の本でした。(2010.12.23)
by c_mann3 | 2015-12-24 00:00 |  ・・・風にまかせて・・・ | Comments(0)

◇ ユーラシア胎動・・・

【2010.6.18】 アメリカの一極支配の終わりが始まり、ユーロセントリズムの歴史観が揺らいでいる・・・などといった切り口で始まる壮大なスケールの本が出ています。題して「ユーラシア胎動」、堀江則雄著、岩波新書1247。

この本が語るユーラシアには西端の“ヨーロッパ半島”は含まず、それ以東のロシア、中東、中央アジア、インド、中国を含む広大な領域を指していて、それはかつてのモンゴール帝国の版図に近い。

ソ連邦崩壊の中からロシアが復活し中国が台頭するなかで中央アジアを含めた国々では紛争の元だった国境も次々と折り合いがつき友好関係が樹立されてきたが、その枠組みとなるのが上海協力機構。そしてその絆の証は国境を突き抜けて数千キロにわたって突き進む鉄道、高速道路、そして石油やガスのパイプライン・・・それはまさにシルクロードに重なるルートであり、その沿線に並ぶ国名の末尾がスタンで終わる国々が新たな要として浮上。

新たなる道を行き交う戦略物資はかつてのシルクに変わってエネルギー資源。そうした中でロシアは石油の埋蔵量が世界の14%で第二位、天然ガスは27%で第一位。
ソ連邦の時代、石油やガスはシベリア西端で生産されパイプラインも西にのみ向かっていた。だが今新たな油田やガス田がシベリアの中央やサハリンを含む東部で発見され、生産地もパイプラインの仕向け先もがどんどん東に向かって重心を移しつつある。

計画ではいくつもの方向から伸びるパイプラインが中国の沿岸部を目指しており当面は中国の激増する需要を満たすことになるが、併せて十年を待たずに日本の石油、LNGについてもその数割がサハリンや東シベリアからのものになるとのこと。

それにしても・・・行き詰まる西欧先進国を尻目にこうしたユーラシアの国々が千年の時を経て再び世界の主役になりそうな気配の中で、米国と対等になることばかりに気を取られている日本って、大丈夫なんでしょうか?(2010.6.18)

“経済史や文明史”の話はさらに続きます⇒⇒

by C_MANN3 | 2015-12-22 00:00 |  ・・・風にまかせて・・・ | Comments(0)