<   2016年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

◆ベイクルーズで潜水艦に遭遇

【2017.3.13】 3/12、幼い孫たちとたまたま出かけたベイクルーズで、出航するや否や潜水艦に遭遇。明日に引き渡し式を控えて準備中の最新鋭潜水艦「せきりゅうSS-508」とのことで、引き渡しが終わると艦艇番号は消されてしまうため、番号が白く輝く姿が見える機会はもう無いのだと・・・ラッキーでした。
b0050634_1111086.jpg

⇒⇒新着記事渡り歩き⇒⇒

by C_MANN3 | 2016-09-25 00:00 |  ・・・風にまかせて・・・ | Comments(0)

◆海辺の温泉・・・第二弾

【2017.1.27】 最近よく出かけるようになった海辺、水辺の温泉。どういうわけか予定を立てると決まって嵐や前線通過の予報と重なりはらはらするのですが、今回はくつろいでいる夜中に前線が通過。
よって露天風呂はNGでしたが、前後の二日間はこの季節には珍しく束の間の陽気な快晴日和に恵まれ、奇岩の先に広がる真っ青な太平洋の景観に癒されました。

b0050634_13334732.jpg

⇒⇒新着記事渡り歩き⇒⇒

by C_MANN3 | 2016-09-24 00:00 |  ・・・風にまかせて・・・ | Comments(0)

◆迷走台風の合間に・・・

【2016.9.8】 猛暑も終わり久しぶりに温泉にでもと思っていたら、なんと行先とタイミングが迷走台風のコースに見事に重なる。で、急遽予定をずらした甲斐あって初日は真っ青な晴天で露天風呂にも支障なく・・・
 ところが一夜明けてみるとそのあと突然発生した台風に追いつかれ、宿はなんと豪雨の真っただ中。ですが海辺に突き出た宿のラウンジの足元の、波しぶきに打ち付ける雨もまた風情という束の間の安らぎのひと時でした。
b0050634_2121446.jpg

⇒⇒新着記事渡り歩き⇒⇒

by C_MANN3 | 2016-09-22 00:00 |  ・・・風にまかせて・・・ | Comments(0)

◆小江戸の町並み・・・

【2015.10.14】 遠く離れて暮らすことになった娘夫婦の祝い事に駆け付けた帰りに立ち寄った小江戸の町並み・・・そそり立つ鐘楼や瓦屋根が真っ青な青空に映え、その通りや路地には懐かしいたたずまいの店々が並ぶのどかな安らぎの光景でした。
b0050634_20264725.jpg

⇒⇒新着記事渡り歩き⇒⇒

by C_MANN3 | 2016-09-20 00:00 |  ・・・風にまかせて・・・ | Comments(0)

◆新緑に映える白い藤・・・

【2015.5.8】 山間に広がる藤園で、青空と新緑に映える真っ白な藤・・・続いて夕暮れ時に訪れた古刹の裏山では延々と続く藤棚がライトアップされ、夜の闇が深まるにつれて輝きを増す九尺藤・・・何とも幻想的で癒される風景でした。
b0050634_0284751.jpg


⇒⇒新着記事渡り歩き⇒⇒

by C_MANN3 | 2016-09-18 00:00 |  ・・・風にまかせて・・・ | Comments(0)

◆巨大なキャンパスがご近所に・・・

【2015.4.10】 巨大な私学のキャンパスが近所に出現しました。市民開放型とのことで構内には広い芝生の庭や子供の遊具施設があり、さっそく幼児連れの家族で賑わっています。そしてとんでもなく広くて静かなスペースの図書館もあり、登録しておけば地元の市民は出入りも借り出しも自由。
シニアにとっても散歩のついでの格好の立ち寄り場所で、スタバまであって至れり尽くせりなのですが・・・構内が全面禁煙のため、あまり長居すると落ち着かなくなるのがちょっと困ったところです。
b0050634_1523513.jpg

⇒⇒新着記事渡り歩き⇒⇒

by C_MANN3 | 2016-09-16 00:00 |  ・・・風にまかせて・・・ | Comments(0)

◆南無曹洞宗大本山永平寺・・・

【2014.11.14】 長年勤めた会社の同期の人たちと訪れた曹洞宗大本山永平寺・・・ここは新入社員研修の時代に一週間籠って修行した私たちの聖地です。山間の静かなたた住まいの寺院の中を縦横に結ぶ廊下や階段を一歩一歩と踏みしめていると半世紀も前の古き良き時代の研修風景が蘇ってきます。
その後幾度となく押し寄せた社会変動の中にあっても、無事に会社勤めを全とうできたのはここでのありがた~い修行のお蔭だったのかもしれないなどと思うと、ふと感謝の呪文が心をよぎります・・・南無曹洞宗、南無大本山永平寺・・・チ~ン♫
b0050634_2043883.jpg

⇒⇒新着記事渡り歩き⇒⇒

by C_MANN3 | 2016-09-14 00:00 |  ・・・風にまかせて・・・ | Comments(0)

◆大迫力の司馬遼太郎記念館・・・

【2014.1.28記】 司馬遼太郎さんの記念館でしかもアーチ形のお洒落な建物が安藤忠雄さんの設計となれば、一度は訪れてみたいと思っていた記念館。訪れてみるとさすがの大迫力でした。
吹き抜け空間の壁一面に張り巡らされた高さ11mの書棚にぎっしりと並んだ2万冊の本。母屋にはこの3倍の6万冊があるというからびっくりです。そして半年代わりの企画展では幸運にもモンゴル関係の資料が展示されていました。

ところで館内や庭園にやたらたくさんご年配のスタッフが目についたのでお聞きしてみると、皆さんボランティアで、200人ほどの司馬さんのファンの方々が交代で詰めておられるとのことでした。折々に通って司馬さんの世界に浸る・・・なかなか素敵なシニアライフですよね。
館内は撮影禁止のため、HPをこちらに・・・http://www.shibazaidan.or.jp/

b0050634_19431967.jpg


⇒⇒新着記事渡り歩き⇒⇒

by C_MANN3 | 2016-09-12 00:00 |  ・・・風にまかせて・・・ | Comments(0)

◆クリスマスでキウイの威力

【2013.12.24記】  退職して始めた、たまにの手料理。 今年も挑戦した我が家のクリスマスのビーフシチューでしたが・・・今年は特に美味と星三つを頂戴しました。
その秘訣は下ごしらえで肉をワインに浸ける際、キウイのスライスを載せておくこと。これで後は1.5時間の煮込みでとーろとろに!驚異のキウイパワーです。

b0050634_2273723.jpg


⇒⇒新着記事渡り歩き⇒⇒

by C_MANN3 | 2016-09-10 00:00 |  ・・・風にまかせて・・・ | Comments(0)

◆そして今、遅咲きの桜が・・・

【2013.4.10記】  我家の近くの延々7km続く桜通りでは今年も1500本のソメイヨシノが一斉に花開き、束の間の賑わいを経て散って行きました。

そして今、再び人影も少なくなり静寂を取り戻した通りで、出番を迎えた遅咲きの桜が開花しています。
真っ白な花を咲かせる松月や白妙、紅の寒山や紅豊、そして淡い緑の花が気をそそるウコンや御衣黄・・・遅咲きの花はみな個性的です。

b0050634_2211383.jpg

⇒⇒新着記事渡り歩き⇒⇒


b0050634_13592040.jpg
b0050634_1115129.jpg
“風にまかせて・・・” はさらに続きます。

次は“旅の記録編”へ⇒⇒

もしくは“風にまかせて”のTOPに戻る

by C_MANN3 | 2016-09-08 00:00 |  ・・・風にまかせて・・・ | Comments(0)