◆エリアーデ、そして錬金術

ミルチア・エリアーデ。ルーマニアの宗教人類学者で小説も書くとか・・・なんとも興味をそそられる人物ですが、びっくりしたのが著作のなかに『鍛冶師と錬金術師』と題した本があると知ったこと。

勝手な想像で錬金術師は“神棚に拍手を打って身を清め、ひたすら炎にさらした鋼を鍛え続ける刀鍛冶を連想”・・・なんて書いているだけにうれしくなってしまいました。
火と鉱物をあつかう古代民俗の鍛冶師は「大地の子(金属)を育成(錬成)する聖なる役職」であり、ここに錬金術師の起源を見る・・・と紹介されています。
ということで、エリアーデを探してうろうろしていて錬金術についてすごくよくまとまっている記事を見つけました。ここの第2章にエリアーデが出てきます。(2005.2.10)

http://www.geocities.jp/alchemy_macrocosm/alchemy/earth/tutorial.html

実はこのサイト、お引越しされたようで一旦つながらなくなっていたのですが・・・下記のコメント欄にあるように、なんとサイトをおつくりになっている方から新しいURLの案内をいただきました。さらに成長を続けるサイトのようで読ませていただくのが楽しみです。(・・・ということだったのですが、すみません。このサイトは再度工事中のようです。)


さらにもうひとつ、下記のサイト(の特に第2章)も圧巻です。

http://inri.client.jp/hexagon/floorA7F/_floorA7F_alchemy.html
by c_mann3 | 2007-10-15 00:00 | ユングのすそ野の 風景 | Comments(2)
Commented by Ganga at 2006-05-11 05:42 x
はじめまして、ご紹介頂いたサイト(つながらない方です)を
管理しているGangaと申します。
サイトは移転いたしまして、URLの先になります。
宜しくお願いいたします。

エリアーデを検索していて、記事を拝見させて
頂いた次第でございます。
Commented by c_mann3 at 2006-05-11 23:32
Gangaさん、ありがとうございました。すばらしいサイトだったのでつながらなくなった後も古いURLを残しておいたのですが・・・おつくりになっている方のお目にとまりコメントまでいただけるとは、うれしい限りです。

錬金術には何かと思い入れがありますので、今後ともよろしくお願い致します。
<< ◆ユングと錬金術 ◆錬金術・・・間違っていたイメージ >>